fbpx

【クリエイティブ】売れる商品画像制作の秘訣大公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

Amazon楽天をはじめとするECサイトでは、商品を実際に手にとり確認することができる実店舗と異なります。
そのため、商品を効果的に売り込むために、ECサイトにおける商品画像は非常に重要な要素です。

消費者にとっては、商品画像が購入するか否かの重要な判断材料なのです。

今回は、中国輸入商品における商品画像撮影・制作について、解説していきます。

 

タオバオ、アリババの掲載画像の無断転載のリスク


タオバオ、アリババの店舗は、掲載画像の無断転載は禁止です


Amazon
で販売している中国輸入商品は、
タオバオアリババに掲載されている商品画像を無断転載するセラーが多く見受けられます。

しかし、タオバオやアリババのほとんどの店舗は、掲載画像の転載を禁止しています。

タオババやアリババの商品ページやタイトルに、
「盗图必究」という表記がある場合は、画像の無断転載は禁止する意味となります。
ご注意ください。

%e7%9b%97%e3%82%80
画像引用元:https://www.1688.com

商品画像の引用を許可してくれる場合は、一部の卸売業者や工場などに限られます。

 

画像(商品画像)の無断転載は犯罪になります

 

「商品画像制作が面倒」、「素人が撮影した画像より見栄えがいい」といった理由などで、
タオバオやアリババの安易な商品画像の無断転載は、トラブルに発展するリスクが高いです。

知らず知らずのうちに法を犯していることになります。

絶対にやめましょう。

どうしても商品画像を使用したい場合は、
代行会社を通じて、「商品画像を使用しても良いか」確認・許可をもらって使用してください。

 

売れる商品画像撮影の3つのポイント

タオバオやアリババのサイトから商品画像を使用することは、難しいということがご理解頂けたかとおもいます。

クリエイターやデザイナーの皆さんは、ぜひ、ご自身で撮影して商品画像を制作しましょう。

商品ページにおける商品画像の役割は、とても重要です。

商品画像のクオリティ、クリエイティブの仕上がり次第で、ECサイトの売上げに大きく影響してきます。
商品画像制作は、とても重要な作業工程です。

そこでECサイトにおける売れる商品画像撮影の3つのポイントをご紹介します。

1.窓辺の自然光など明るい場所で撮影する

明るすぎたり暗すぎたりすると、商品の全体像を再現することができません。
窓から差し込む自然光を利用するとよいでしょう。

2.商品の魅力をアピールする

商品を使っているシチュエーションをカンタンに想像できるように、撮影をしましょう。

たとえば、アクセサリーや衣類であれば、物撮りだけじゃなく、モデル着用シーンを必ず撮影しましょう。
実際に着用したときに、自分自身がどのように見えるのかを想像しやすくなります。

さらに、モデルを入れることで、ターゲットとなる客層を明示できます。

3.商品のセールスポイントやディテールが正確に伝わるように

商品のサイズ、カタチ、素材、そして質感など、
細部まで正確に、「わかりやすく」「セールスポイント」が伝わる画像を目指しましょう。

これらの3つのポイントを押さえて撮影しましょう。

 

補足:Amazonでの商品画像の基準

Amazonでは、商品画像を掲載する基準がいくつかあります。

特に重要な点を抜粋してお伝えします。

メイン画像

Amazonの商品ページで1枚目に掲載するメイン画像は、

カラーモード:「メイン画像の背景は純粋な白を使用してください。」

規約に記載があります。

純粋な白とは、RGB値が (255, 255, 255)となります。
1枚目の商品画像は、撮影後に背景を白抜き画像加工をしましょう。

NG例

not_whitecn2-_v195799569_

OK例

not_whitecn1-_v195799568_
画像引用元:amazon.co.jp(画像の登録)

 

2枚目以降のサブ画像は、白の背景を推奨していますが、必須ではありません。
”売れる商品画像撮影の3つのポイント”で解説したとおり、商品の魅力やセールスポイントが伝わる画像を掲載しましょう。

画像サイズ

Amazonの商品ページに掲載する画像の推奨サイズは、

最小: 縦または横のどちらか長い側面が500ピクセル
最大: 縦または横のどちらか長い側面が2100ピクセル

規約に記載されています。

商品ページ上でズーム機能を実現するためには、画像の最長辺のいずれかが1000ピクセル以上必要となります。
※服&ファッション小物・シューズ&バッグの場合は、ズーム機能の精度をより高める為に、1280ピクセル以上を推奨されています。

画像全体の商品が占める割合

 

Amazonの商品ページでは、画像全体の商品が占める割合は、

 画像全体の85%以上を商品が占める必要があります。

規約に記載されています。

NG例

poor_quality28-_v196265800_
OK例

poor_quality27-_v196265800_

画像引用元:amazon.co.jp(画像の登録)

 

画像比率

Amazonの商品ページに掲載する画像の推奨比率は、
規約に記載されているわけではありませんが、モバイル(スマホ)ファーストを意識した画像比率で作成しましょう。


現状のAmazonの商品ページのレイアウトでは、3:4の画像比率で作成すると良いでしょう。

スマートフォンで商品ページを閲覧した場合、
商品画像が画面にジャストフィットし、大きく写真を見せることができ、より魅力的に商品が見えます。

結果、売上げに大きく影響してきます。

 

NG例

11wa

OK例

 

34wa

 

Amazonでの商品画像の基準のまとめ

まとめると、

・画像の最長辺のいずれかが1000ピクセル以上
・画像全体の85%以上が
商品が占める
・画像比率は、3:4が推奨

つまり、最低、813px:1000px(3:4)以上の画像サイズで、
画像全体の85%以上を商品が占めるように画像を制作しましょう

 

撮影代行サービス

商品撮影を自ら行うのもよいのですが、

他にも注力すべき作業が、物販ビジネスにはたくさんあります。
便利な撮影代行サービスを利用することも視野に入れてみましょう。

そこで、皆さんの時間を短縮してくれる撮影代行サービスを厳選してまとめました。

バーチャルイン

・1カット300円(税抜)
・1商品5カット1,000円(税抜)
・モデル撮影7カット1,000円~(税抜)
・無料お試し撮影あり

おまかせWEB商品撮影サービス(GMO)

スタンダードプラン

※4カット撮影に、背景白抜き加工がついたプランです。

10商品以上の場合
・1商品4カット 1,180円(税抜)

料金シミュレーション
・1商品4カット 10商品の場合:11,800円(1カットあたり295円)(税抜)

爆安写真館

・1カット200円(税抜)

料金シミュレーション
・1商品5カット 10商品 10,000円(1カットあたり200円)(税抜)
※カット数・商品数に制限なし
上記のとおり価格設定は業者ごとに異なります。
得意とする商品ジャンルも異なるでしょう。

サンプル画像で品質を十分に確認し、価格との見合いで、撮影業者を検討しましょう。

 

商品画像がネット通販の売上を大きく左右する

撮影業者から、撮影した画像が納品された後、画像を必ず加工する必要があります。
その理由は、ネット通販において、購入者は、商品を実際に手にとって見ることができません。

つまり、商品が衣服なら、商品画像で、質感やサイズ感を伝え、より魅力的に見せる必要があるでしょう。
魅力的な商品画像が、購買意欲を刺激し、購買という行動を起こすきっかけになるのです。

同じ商品を販売していたとしても、商品の魅せ方、品質によって売上が大きく変わるのは定説です。

 

商品画像作成をいかに時短できるか

前項で、商品の魅せ方、品質が重要なのをご理解頂けたかと思います。

しかし、商品画像編集作業は、通販サイトの運営において、もっとも時間もコストもかかる作業です。

例えば、

以下の条件で

・アパレル商材100型(1型あたりカラーバリエーション2色)
・1商品(1カラーバリエーション)あたり、5枚撮影

の必要がある場合

 

単純計算で、

100×2色×5枚=1,000枚

の画像加工が必要となります。

膨大な工数が発生するために、厄介な作業になることは想像に難くありません。

 

画像作成の外注化

手間のかかる膨大な画像加工作業は、
なるだけ早い段階で、クラウドソーシングのランサーズクラウドワークスなどの利用し、ご自身はディレクションに徹して、画像作成の業務を効率化していきましょう。

 

画像作成の内製化

外注に仕事を出す十分な売上がない場合でも、画像作成の業務の効率化は可能です。
Photoshopを使った画像作成のワークフローを効率化することもできるでしょう。

あるいは、ネット通販に特化した画像作成を時短できるバナープラスV2を導入検討するのもいいでしょう。

バナープラスV2は、作業を効率化したいプロのデザイナーにもオススメです。
ネット通販においては、圧倒的な時短が実現できます。

外注化、内製化、いずれの場合でも、ぜひ、画像作成の業務の効率化・自動化・半自動化を検討してみましょう。
商品画像作成をいかに時短できるかを常に考え、あなたにしかできないことに、もっと時間をかけましょう。

 

さいごに

第一印象がすべて

売れ続けているヒット商品は、商品の「価値」「魅力」をお客様が購入しているのです。
その「価値」「魅力」がある商品であっても、お客様と商品が出会わなければ、購入されません。

ユーザ(お客様)は、ECサイトを訪れた際に、商品ページを継続して閲覧するかどうかを
「第一印象」で判断すると言われています。

その「第一印象」は、「商品画像」です。

継続して閲覧してもらうことにより、商品の「価値」「魅力」を理解してもらい、
はじめて、購入していただくことができるのです。

Amazon販売におけるメイン画像の重要性

みなさんは、日常的に、Photoshopを使ってWebページをデザインしたり、商品画像を作成しているでしょう。
PhotoShopを使った画像加工やHTMLの技術の表面的なデザインスキルでは売れるものも売れません。

 

例えば、Amazonの場合は、商品を購入するユーザ(お客様)は、ほとんどの場合、キーワード検索して、購入します。
検索結果の中で、数ある商品の中から「いかに選ばれるか(クリックされるか)」がとても重要です。

メイン画像は売上に大きく左右する重要な要素になりますので、特に、メイン画像は、購入者の心に刺さる商品画像を提供できるかが肝となります。

しっかりと画像を作りこんでください。

今まで説明したきたように、商品画像の重要性をご理解頂けたのではないでしょうか?

今回ご案内した「売れる商品画像撮影」「撮影代行サービス」「ネット通販に特化した画像作成ソフト」などを参考にして、ぜひ、商品画像制作にチャレンジしてみてください。

 

Photo:moleshko / Pixabay

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


スポンサーリンク



BASE (ベイス)


LULUCREER(ルルクリ)

クリエイター・デザイナーのためのグッズ制作サービス


激安の殿堂「ドンキホーテ」も利用してる仕入れルート

tousann.gif


     

コメントを残す

*