fbpx

BASE

【販売】BASE(ベイス)グロースプランの手数料は高くない!?スタンダードプランとの違いを分析してみた【徹底解説】

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

BASE(ベイス)は初期費用、運営費用などが無料のネットショップ構築サービスです。

全ての利用料が無料とのこともあり、2022年1月28日時点で170万ショップを突破するほどの人気サービスとなっています。

参考:BASEプレスリリース「BASE(ベイス)」のネットショップ開設数が170万ショップを突破

テレビCMで「ネットでお店を開くならBASE(ベイス)というフレーズを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

BASE(ベイス)は月額が無料で初期費用が抑えられるため、ネットショップを始めやすいのですが、その一方、販売数が増えると手数料が増えてしまうというデメリットもあります。

そんな中、登場したのが月額売上が大きいユーザ向けの「グロースプラン」です。

今回は、グロースプランが「どの程度オトクなのか」ということをBASE(ベイス)のスタンダードプランやShopify(ショッピファイ)とも比較しながら、確認していこうと思います。

いますぐ登録したい方はこちら

続きを読む

【販売】BASE(ベイス)の販売手数料6.6%+40円は高い?人気の理由を徹底解説!【メリット多数】

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

ネットショップを開設して、いろいろな商品を売りたいと考えている人もいるかもしれません。
そういった人に、オススメなのがネットショップ作成サービスです。

いろいろなネットショップ作成サービスがありますが、中でも人気なのがBASE(ベイス)です。
しかし、BASEは販売手数料が高いと言われることもあります。

この記事ではBASE(ベイス)の販売手数料は本当に高いのか?また、なぜ人気になっているのか?その理由を解説していきます。

 

続きを読む

【販売】BASEの手数料は高い?STORESと比較してみた【2022年最新】

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

私は、基本的に自社通販サイトの構築・運営は、BASE(ベイス)を中心に使ってます。

BASE(ベイス)は、無料でネットショップを開設できるサービスの中でも抜群の知名度を誇ります。
※BASEは、個人でもネットショップを開設できます。

他にも、無料で自社通販サイトの構築ができる最適なネットショップ作成サービスがあります。

それが、ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社がサービス運営している「STORES(ストアーズ)」です。

物販を始めようとしている方であれば、
BASE(ベイス)」と「STORES(ストアーズ)」共に、初期費用・固定費は無料と理解してると思います。

ですが、

商品が売れた際に、

BASE(ベイス)STORES(ストアーズ)

それぞれ販売手数料が、具体的にどのくらいかかるのか?よくわかっていない。」

このような漠然とした不安を抱いてませんか?

Twitterで調査してみたところかなり方がそう思っているようです。

 

そこで今回は、「BASE(ベイス)」と「STORES(ストアーズ)」のカンタンなサービス概要を解説し、
主に販売手数料の観点から「BASE(ベイス)」と「STORES(ストアーズ)」どちらを選ぶべきかについて見ていこうと思います。

販売手数料の不安を完全払拭して、ぜひ、ネットショップをスタートしましょう。

 

続きを読む