fbpx

【全般】無印良品でアカウント停止!?知的財産権の申し立てメールが届く! 正しい対処法と対策【備えあれば憂いなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

Amazonで販売を行っていると、商標権・知的財産権侵害で、無印良品やずやなどの有名メーカー(ブランド)や正規代理店から「知的財産権の申し立て」の下記メールが、Amazonスペシャリストを通じて届くことがあります。

件名:Amazon.co.jpからの重要なお知らせ

平素は Amazon.co.jp をご利用いただき、誠にありがとうございます。

本メールは下記ASINいずれかを出品されている方に向け送信いたしております。

このEメールの末尾に記載されている商品が商標権を侵害しているという主張が権利者から届きましたので、ご連絡差し上げます。

本Eメールの末尾に記載されている商品の出品をキャンセルさせていただきましたのでご了承ください。

この商品の出品を再開するには、権利者からの申し立ての取り下げが必要になります。

●●●●(申し立てた人の名前)
●●●●@●●.co.jp(メールアドレス)

権利者が申し立ての取り下げに同意した場合は、notice-dispute@amazon.co.jp まで申し立ての取り下げをお知らせいただくよう権利者にご依頼ください。

申し立ての対象となった商品が権利者の商標権を侵害していないと思われる場合は、補足情報を添えて notice-dispute@amazon.co.jp までEメールでお知らせください。

たとえば、請求書や注文番号などが考えられます。

当サイトは知的財産権の侵害に対する申し立てを深刻に受け止めております。

出品者様の商品についてさらに問題に関するご連絡が寄せられた場合には、直ちにアカウントが閉鎖される場合がございますのでご了承ください。

本ポリシーについてさらに詳しく知るには、セラーセントラルのヘルプページにて「知的財産権その他の権利侵害」をご確認ください。

ASIN:●●●●
侵害の種類:商標権(あるいは著作権)
申し立て番号: ●●●●

アカウントの健全性の詳細については、セラーセントラルの「パフォーマンス」セクション(https://sellercentral.amazon.co.jp/performance/dashboard)でご確認いただけます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

アカウントスペシャリスト
Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/marketplace

今回は、上記の商標権・知的財産権侵害のメールが届いた場合の対処法について解説してきます。

Amazonの商標権・知的財産権侵害に関わる販売ルールについて

Amazonでの、商標権*1、知的財産権*2に関わる販売ルールは、


「メーカー(ブランド)や正規代理店が販売を許可していない出品者が、

商標登録された商品を売ってはならない。」

とされています。

 

*1 商標権 
商品名やサービス名・ブランド名・ロゴマークを独占できる権利

*2 知的財産権
幅広い知的創造活動のアイデアや創作物について、知的財産・価値を保護するための権利


知的財産権侵害についての申し立て

Amazonの販売では、1つの商品カタログに対して複数の人が商品を出品できます。
商品カタログ(ページ)に対して、別の出品者が出品することを相乗りといいます。

この出品者の中に、メーカー(ブランド)、販売代理店が出品している場合があります。

 

メーカー(ブランド)、販売代理店としては、

ほとんどの場合、

「価格競争になる」
「ブランドイメージの低下」
「出品者が多くいることで、売れない」

と懸念されてます。

そのため、メーカー(ブランド)や正規代理店は、Amazonへ知的財産権商標権を侵害しているといった理由で、知的財産権侵害*3についての申し立てをすることができます。

メーカー(ブランド)や正規代理店以外の出品者が、販売できないようにすることが、主な目的と考えられます。

*3 知的財産権侵害について
出品者がメーカー(ブランド)・正規代理店の商標権や著作権を侵害すること。
Amazonでは、メーカー(ブランド)が出品している商品カタログ(ページ)に相乗り出品
する行為自体が
”商品名”をメーカー(ブランド)の許可なく使用して販売してると見なされ、知的財産権侵害となるケースがあります。

注意すべき知的財産権侵害商品例15選

知的財産権侵害の警告メールが届く商品例を紹介します。

あらかじめ、メーカーから警告メールが届く可能性のある商品を知っておくことで、リスク回避をしましょう。

・さくらの森 きなり
・すっきりフルーツ青汁
・北国の恵み
・ゼファルリン
・海乳EX
・プロアクティブ
・青玉V
・北国の恵み
・無印良品
・ケラスターゼ

・やずやのレモンの葉酸サプリ
・ハグクミの恵み
・すっきりフルーツ青汁
・TESARAN

・ビタブリッド

など、他にも注意すべき商品は多くありますが、主に、健康食品(サプリ系など)
の商品に対して、知的財産権侵害の警告メールが届く事例が多く報告されています。

注意すべき商品のカンタンな見極めポイント

Amazon商品ページの出品者を確認


「メーカー(ブランド)や正規代理店以外の出品者が、Amazonに出品していない(相乗りしていない)。」

このような場合、メーカー(ブランド)自身が「独占販売」するために、転売防止対策で、あらかじめ、小売店へ卸していない可能性が高いです。

 


上記商品カタログ(ページ)例のように、商品説明欄に、他の出品者が相乗り出品しないように、あらかじめ、メーカー(ブランド)側から、けん制している場合もあります。出品する前に、よく確認しましょう。

 

決して、上記対象商品をヤフオク、メルカリなどから購入し、安易に、Amazonで販売しないよう十分に注意しましょう。

最悪、Amazonのアカウント停止・閉鎖になる可能性があります。

 

特許情報プラットフォームで確認

特許庁が運営している特許情報プラットフォームでは、商標取得済みの商標を検索ができます。
ブランド名や商品名で検索してください。

Toreru商標検索で確認

他、商標クラウドサービス Toreruが運営する商標検索サイトは、商標の文字列検索だけでなく画像検索もでき、とても便利です。

 

検索結果に、ブランド名や商品名が表示された場合は、商標取得済みと考えて間違いありません。
絶対に、Amazonに出品しないようにしましょう。

 

 

知的財産権侵害メールが届いた場合の対応【3STEP】

1.商品の出品停止と削除

すぐに商品の出品を停止し、さらに、商品も削除をしてください。

セラーセントラルの在庫画面から該当商品の”商品と出品を削除”を選択して削除してください。

 

 

2.メーカー(ブランド)に対して謝罪メールを送る


アカウントスペシャリストからのメール文中にあるメーカー(ブランド)の連絡先メールアドレスに謝罪メールを送ります。

謝罪メールのテンプレートを参考にしてみてください。

〇〇  様

お世話になります。
<店舗名><名前>と申します。

Amazonよりご連絡ありがとうございます。

この度は、ご迷惑をお掛けしており大変申し訳ございません。

以下の対象商品の知的財産権侵害の件でご迷惑をお掛けしております。

大変、申し訳ございませんでした。

<商品名>

すでに、Amazonから、商品ページは削除しております。
どうぞご確認ください。この度の件、ご迷惑をお掛けしてしまい誠に申し訳ございませんでした。今後、通販サイトでの掲載はいたしません。大変お手数ではございますが、
notice-dispute@amazon.co.jpまで
amazonへの申し立ての取り下げをお願いいたします。
今回の件を重く受け止め、今後の再発防止策をAmazonへ報告させていただく所存です。
この度は、ご迷惑をお掛けいたしましたこと、重ねて深くお詫び申し上げます。

また、よろしければ、こちらのメールへご返信よろしくお願いいたします。

<連絡先メールアドレス>

以上、何卒よろしくお願いいたします。

 

3.Amazonアカウントスペシャリストに謝罪メールを送る

アカウントスペシャリストに謝罪のメールを送ります。
連絡先メールアドレスは、noticce-dispute@amazon.co.jpです。

知的財産権侵害の対象商品のASINと、侵害の種類(商標権)及び申し立て番号を記載の上、メールを送ってください。謝罪の姿勢をしっかりと伝えることが重要です。

謝罪メールのテンプレートを参考にしてみてください。

Amazon.co.jp
アカウントスペシャリスト
ご担当者様

<店舗名><名前>と申します。

御社へご迷惑をお掛けしましたこと深くお詫び申し上げます。
誠に申し訳ございません。

ASIN:〇〇
侵害の種類:商標権
申し立て番号:〇〇〇〇

すでに該当商品の出品停止・削除させて頂いており、株式会社〇〇の〇〇様にメールにて謝罪をいたしました。 その際、知的財産権の侵害の申し立ての取り下げに同意して頂きました。

今後は、商標権侵害に該当する商品の出品致しません。

Amazonの出品規約をしっかりと確認しながら、販売をして参りたいと思いますので、
今後とも、何卒よろしくお願い致します。

※メーカー(ブランド)から返信がない(知的財産権の侵害の取り下げの同意が得られない)場合は、出品の再開はもちろんできませんが、Amazonへの経過報告含め、謝罪メールは必ず送るようにしましょう。該当商品の出品停止・削除をしておけば、それ以上、追及されることは基本的にはありません。

 

まとめ:絶対にやってはいけないことがあります

知的財産権の侵害メールが届いた場合に、無視して継続販売することです。

確実にアカウント停止・閉鎖となります。
絶対に、継続販売しないでください。

最悪、メーカー(ブランド)からの法的措置も想定されます。

アカウント停止・閉鎖の心配をしなくて済むように、本記事を参考に、事前に、しっかりと対策しておきましょう。

Photo:mohamed_hassan / Pixabay

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Syuppinno(シュッピーノ)
Amazon新規カタログ一括登録業務効率化ツール

初級者~中級者にオススメ:現役プレイヤーの私が研究してツールを仕上げました!


アマゾン(Amazon)の新規カタログ(ページ)を、簡単に一括で商品登録できるツールをご紹介させていただきます。


※市販のツールでは、相乗り出品で登録できるツールはありますが、新規カタログ(ページ)を登録できるツールはほとんどございません。部存在しますが、非常に高い月額利用料が多いのが現状です。

今回、数量限定で、お渡しする内容は制限付きの試用版になります。
※Webブラウザで動作するものとなり、制限付きアカウントをお渡しします。

試用版には制限があり、お試し期間10日間ご用意がございます。
※試用版アカウントは、スマホケース、Tシャツの2カテゴリのみでお試しできます。
※10日間サポート付き
※サポートもあるため、数量限定価格となります。


商品概要

通常、amazonのエクセルでの新規でカタログ(ページ)を、
一括出品する場合、以下の手順となります。

 
1.amazonのセラーセントラルからエクセルファイルをダウンロードする。
2.amazonが提供するカテゴリごとの専用テンプレート(xls)を
エクセルを使い、必要情報をそれぞれ入力・編集する。
3.amazonのセラーセントラルから、”2”の編集したエクセルファイルをアップロードする。

本ツールは、amazonに始めたばかりで不慣れな人、あるいは、PCリテラシーが低い人でも、上記の手順を、初心者でも使えるように、GUI(グラフィカルユーザインタフェース)化して、専門性を必要とせず、業務効率化を目的としたウェブアプリとなっております。
※初心者でもすぐ使えるツールのため、amazonの複雑な仕様を理解する必要することなく、教育も必要最低限で、社内向けの新規商品登録支援ツール新規商品登録の外注化の一助にもなるツールとなります。

 

詳しくはコチラ


スポンサーリンク


STORES(ストアーズ)


BASE (ベイス)


LULUCREER(ルルクリ)

クリエイター・デザイナーのためのグッズ制作サービス


激安の殿堂「ドンキホーテ」も利用してる仕入れルート

tousann.gif


     

コメントを残す

*