fbpx

【販売】Amazon自社ブランド販売におすすめ Tool4Seller(ツールフォーセラー)の広告分析 機能・特徴【徹底解説】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

今回はTool4Seller(ツールフォーセラー)の広告分析 機能・特徴について徹底解説していきます。

Tool4Seller(ツールフォーセラー)の基本的な情報と店舗分析 機能・特徴については、前回の記事「【販売】Amazon自社ブランド販売におすすめ Tool4Seller(ツールフォーセラー)の評判を調査【徹底解説】」をご参照ください。

【販売】Amazon自社ブランド販売におすすめ Tool4Seller(ツールフォーセラー)の評判を調査【徹底解説】

「Amazonでの販売を分かりやすく可視化して、もっと売上や利益を効率的に上げていきたい」

といった人はぜひ最後まで目を通してみてください。

いますぐ登録したい方はこちら

ちなみに本格的に導入検討している人は、トリップ大学読者限定の15%OFFの永久特別割引クーポンがあります。2022年3月31日までの期間限定クーポンになります。
オトクにツールを利用することができます。ぜひご活用くださいね。

Tool4Seller(ツールフォーセラー)の15%OFFクーポンコード:tripp15t4s

Tool4Seller(ツールフォーセラー)の広告分析 機能・特徴

「広告分析」機能は、Amazonの広告(スポンサープロダクト広告・スポンサーブランド広告・スポンサーディスプレイ広告)を最適化する機能です。

広告分析機能は、以下の7つです。

Tool4Sellerの広告分析機能

①店舗の広告パフォーマンス比較
②広告管理
③広告業績
④広告キーワード最適化
⑤広告予算の定時調整
⑥広告定時価格調整
⑦広告自動最適化

①店舗の広告パフォーマンス比較

店舗の広告パフォーマンスを広告売上高・広告料・広告クリック回数・ACos *1・露出数・広告オーダー数・広告コンバージョン率(広告経由の成約率)で集計・確認できます。

複数店舗を運営されている場合、店舗ごとに、広告パフォーマンスを比較することも可能です。

*1 ACos  広告費売上高比率です。 広告売上高に対して広告料が何%掛かったかを示す指標になります。
ACoS=(広告料÷広告売上高)×100で計算できます。例えば、600円の広告料をかけて3,000円の商品が売れた場合、600円÷3,000円=ACoS 20%になります。

②広告管理

Amazonのスポンサープロダクト広告・スポンサーブランド広告・スポンサーディスプレイ広告を月次(30日毎)・半月次(15日毎)・週次(7日毎)・日次(1日毎)で一括管理できます。

広告の開始日時・終了日時の設定、広告ターゲティングの切替(オートターゲティング・マニュアルターゲティング)・広告予算をカンタンに設定することができます。

各広告キャンペーンの費用帯効果は、月次(30日毎)・半月次(15日毎)・週次(7日毎)・日次(1日毎)で視覚的に確認できます。

③広告業績

広告の業績(成果)をショップ広告業績・親ASIN広告のパフォーマンス・SKU広告業績・広告キャンペーン業績・広告グループ業績の5つの指標で表示できます。
※月次(30日毎)・半月次(15日毎)・週次(7日毎)・日次(1日毎)で表示できます。

例えば、SKU広告業績タブでは、SKU毎に総売上高・総注文数・広告料・広告コンバージョン率(広告経由の成約率)・Acosに加えて、広告経由とオーガニック(自然検索)経由の「売上高」や「注文数」を別々に表示できます。


④広告キーワード最適化

Amazonに露出された広告データを自動取得し、検索キーワードの費用対効果を分析し、広告の継続・停止、広告入札単価を上げる・下げるなどを提案してくれます。

検索キーワードの最適化*2 をする上で、大いに役立ちます。

*2 検索キーワードの最適化
なるべく広告料を抑えて、検索キーワード毎に、費用対効果を最大化させることです。

Amazonの広告をチューニングするのって、結構面倒くさいですよね。広告キーワード最適化機能で、かなり効率的に時短できますよ。

⑤広告予算の定時調整

1日の広告予算を時間帯毎に配分することができます。

例:1日の広告予算が10,000円の場合

0:00~8:59:の時間帯は『50%(5,000円)』
09:00~17:59の時間帯は『25%(2,500円)』
18:00~23:59の時間帯は『25%(2,500円)』

のように広告予算を割合で振り分けることができます。

1日の広告予算を時間帯毎に価格調整することもできます。

また、広告のパフォーマンスに応じて、1日の広告予算を自動調整できます。

例:1日の広告予算が10,000円の場合

ACoSが30%以上超えた場合、1日の広告予算を10%削減

のように設定することもできます。

⑥広告定時価格調整

日毎・週毎に、広告を配信する時間帯をスケジュール設定できます。
また「店舗分析」の「時間帯別集計分析」を併用することで、高い効果を発揮します。

例えば、「時間帯別集計分析」で売れている時間帯・売れていない時間帯を調査し、売れている時間帯では、広告入札単価を上げる・よく売れていない時間帯では、広告入札単価を下げる・あるいは広告配信を止める。などの広告運用ができます。

広告定時価格調整機能で、広告配信する時間帯を細かくスケジュール設定することで、CPA(1成約あたりの平均獲得単価)が改善し、広告のROI(投資収益率)が向上するんですよね。これ、めっちゃ便利。

⑦広告自動最適化

目標ACoSを決めると、広告キーワードを自動で収集し、適切な「入札単価」を計算してくれます。

注意したいのは、Amazonの広告で入札額を無闇に上げればいいわけではない。というところ。広告自動最適化機能で、無駄な広告費をさくっと削減しちゃいましょう。

もちろん、顧客が求めている商品に対して最適なキーワードが設定されているということが大前提です。

まとめ:Tool4Seller(ツールフォーセラー)は安価なのに国内・海外ツールと同レベルの広告管理・運用・分析ができる!

ぶっちゃけ、Amazonの広告管理・運用・分析って、細かな作業が多く正直言って面倒くさいですよね。そんな人にはTool4Seller(ツールフォーセラー)の利用をオススメします。

Amazonの
広告管理・運用・分析を超時短且つ合理的に可視化・分析・管理できます。

しかも、安価で国内・海外ツール「プライスター」や「マカド」・「perpetua」・「セラースプライト」と同レベルの機能や分析ができるという優れもの!

店舗分析 プライスター
マカド
5,280円/月
4,980円/月
顧客管理
商品管理
広告分析 perpetua $50(約5,500円)/月 ※月額広告費10万円未満の場合
競合分析 セラースプライト $98(約10,780円)/月 ※スタンダード会員の場合

さらに“Amazon公認”の販売管理ツールです。これはかなり安心材料じゃないかと。

ただ、まだ商品数が少ないうちは導入する必要はないでしょう。具体的には、商品点数10点以内ならビジネスレポートで十分です。

14日間の無料期間もあるので、気になる操作性や機能性を使い倒して導入を検討してみてください。14日間経過後、自動課金されることはないので安心ください。

もちろん14日間無料トライアル期間中もすべての機能を利用することができます。トライアル期間中に、様々な確認や検証を行いましょう。

いますぐ登録したい方はこちら

Tool4Seller(ツールフォーセラー)を15%OFFで利用する手順

14日間の無料トライアルから有料プランへ申し込む場合、
トリップ大学読者限定の15%OFFの永久特別割引クーポンがあります。2022年3月31日までの期間限定クーポンになります。

どのプランでも15%OFFになるので、ぜひ活用してくださいね。

Tool4Seller(ツールフォーセラー)の15%OFFクーポンコード:tripp15t4s

お支払いページでクーポンコードを入力すると、割引が適用されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク


STORES(ストアーズ)


BASE (ベイス)


LULUCREER(ルルクリ)

クリエイター・デザイナーのためのグッズ制作サービス


激安の殿堂「ドンキホーテ」も利用してる仕入れルート

tousann.gif


     

コメントを残す

*