fbpx

AmazonOEM

【販売】Amazon自社ブランド販売におすすめ Tool4Seller(ツールフォーセラー)の広告分析 機能・特徴【徹底解説】


おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

今回はTool4Seller(ツールフォーセラー)の広告分析 機能・特徴について徹底解説していきます。

Tool4Seller(ツールフォーセラー)の基本的な情報と店舗分析 機能・特徴については、前回の記事「【販売】Amazon自社ブランド販売におすすめ Tool4Seller(ツールフォーセラー)の評判を調査【徹底解説】」をご参照ください。

【販売】Amazon自社ブランド販売におすすめ Tool4Seller(ツールフォーセラー)の評判を調査【徹底解説】

「Amazonでの販売を分かりやすく可視化して、もっと売上や利益を効率的に上げていきたい」

といった人はぜひ最後まで目を通してみてください。

いますぐ登録したい方はこちら

ちなみに本格的に導入検討している人は、トリップ大学読者限定の10%OFFの永久特別割引クーポンがあります。
オトクにツールを利用することができます。ぜひご活用くださいね。

Tool4Seller(ツールフォーセラー)の10%クーポンコード:SlDXVl0R

続きを読む

【販売】Amazon自社ブランド販売におすすめ Tool4Seller(ツールフォーセラー)の評判を調査【徹底解説】


おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

「商品毎に細かく利益計算ができていない…。」
「セラーセントラルのビジネスレポートでの分析が手間…。」

本来、Amazonのセラーセントラルで、細かい利益計算もビジネスレポートの分析もしっかり時間をかければ…可能です。

が、利益率を確認・調査するためには、ビジネスレポートから、CSVでダウンロードして商品原価と付き合わせる作業が必要です。
すごく時間もかかるし、面倒ですよね。

商品のラインナップが増えてくると、ますます大変になっていくという。
時間効率・作業効率を上げたいなら、もはや時間が限られる副業セラーなら導入しない理由なくね?とも思ったり。

そこで!今回はAmazonセラーの販売管理を効率よく運営できると評判のTool4Seller(ツールフォーセラー)について徹底解説していきます。

実際にTool4Seller(ツールフォーセラー)を開発・運営されているカナダのバンクーバーに本社を置くTapcash Inc.の担当者から直接話を聞いてみたんだけど
「めちゃくちゃ安価でロイヤリティの高いツールだな」って印象を受けました。

数あるAmazonの販売管理ツールの中でも特に安心できるんじゃないかと。
もちろん”Amazon公認”の販売管理ツールなので、安心・安全。特に中国人セラーに人気のよう。

Tool4Seller(ツールフォーセラー)は、Amazonパートナーネットワークに掲載されています。

また、全世界のAmazonに対応しており、2021年5月から日本語対応しています。
翻訳はすこし違和感がありますが、気にするほどではありません。

今回は「Tool4Seller(ツールフォーセラー)ってぶっちゃけどうなのか」ってところについて深堀していくので

「Amazonでの販売を分かりやすく可視化して、もっと売上や利益を効率的に上げていきたい」

といった人はぜひ最後まで目を通してみてください。

この記事でわかること

Tool4Seller(ツールフォーセラー)で一番人気の高い「店舗分析」機能・特徴について
Tool4Seller(ツールフォーセラー)の使い方・活用方法について
Tool4Seller(ツールフォーセラー)はどんな人にオススメなのか

 

続きを読む