fbpx

【導入】ヤフーショッピングの出店審査に通らない? 具体的な出店手順と審査対策を徹底解説!【2022年最新版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

Yahoo!ショッピングといえば、多くの人がその名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

「知らない人はいない」と言っていいほど国内で有名なECモールですね。

Yahoo!ショッピングはAmazonと楽天市場を合わせて、国内3大モールとも呼ばれています。

それぞれの2021年時点の店舗数は、empowershopの記事によると、

  • Yahoo!ショッピング:117万店舗(2021年8月時点)
  • Amazon:40万3,448店舗(2021年7月時点・推測)
  • 楽天市場:5万店舗 (2021年2月時点)

となっており、Yahoo!ショッピングは国内3大モールの中でも最も店舗数が多いことが分かっています。

 

また、この調査で明らかになった国内のモール店舗数は全部で167万5,949店となっており、そのうちの69.8%をYahoo!ショッピングが占めています。

このように、店舗数も認知度も非常に高いYahoo!ショッピングですが、誰でも簡単に出店できるわけではありません。

出店する前に「出店審査」を通過する必要があります。

しかし、この審査は中々厳しいようで、人によっては何度も落ちてしまうことがあります。

(ちなみに審査基準は非公開となっています。)

 

 

 

そこで今回は、Yahoo!ショッピングに出店を検討されている人、あるいは、Yahoo!ショッピングへ出店申請を実施して、何度も落ちている人に向けて、Yahoo!ショッピングの出店審査基準や出店メリット・デメリットなど、現役Yahoo!ショッピング店長が徹底解説します。

目次

Yahoo!ショッピングに出店するメリット・デメリット

Yahoo!ショッピングへの出店に当たり、当然メリット・デメリットは気になりますよね。

以下、Yahoo!ショッピングへの出店のメリット・デメリットについて紹介します。

メリット

①初期費用・出店費用・月額固定費無料

Yahoo!ショッピングの大きなメリットは、初期費用や出店費用、月額費などが無料である点です。

商品が売れれば、決済手数料などはかかりますが、実際に売れるまでは費用が掛かりません。

そのため、まだ大きな売り上げが見込めないような初心者の方でも、ショップ運営に挑戦しやすくなっています。

②ソフトバンクユーザー、PayPayユーザーを集めやすい

ソフトバンクユーザーやPayPayユーザーはYahoo!ショッピング利用時にポイント還元率などでの優遇を受けることができます。

そのため、これらのユーザーをショップに集めやすいというメリットがあります。

特に、大手キャリアのソフトバンクユーザーを見込み客とできる点は、Yahoo!ショッピングの大きな強みです。

PayPayについてもユーザー数は2022年7月13日に4,900万人を突破し、5,000万人にせまっています。


アカウント登録を行ったユーザー数の累計です。2022年7月時点。

これからさらに利用者が伸びる可能性のあるPayPayのユーザーを集客できることも大きなメリットです。

③メルマガ配信が無料

Yahoo!ショッピングならば、無料で顧客へメルマガの配信が可能です。

楽天やAmazonでは、メール配信1件当たりの費用がかかったり、無料で送れるメール数が決められています。

そのため、頻繁にメールをするとコストもかかってしまいます。

その一方、Yahoo!ショッピングではメルマガ配信が完全無料なので、気になるユーザーには積極的にメルマガでアプローチすることが可能です。

④Yahoo !JapanのトップページにYahoo!ショッピングへのリンクがある

Yahoo!ショッピングはYahoo!JAPANのトップページからリンクが張られています。

そのため、Yahoo!JAPANのユーザがYahoo!ショッピングへも流れてくる可能性が高いのです。

Yahoo!JAPANの月間のページビューは225憶(2020年時点)ともいわれており、このような有名サイトのトップページにリンクを張ってもらう場合、通常は高額な費用が必要となります。

多くの人がアクセスする有名サイトのトップにリンクがあるということは、集客の面で非常に大きなメリットがあります。

デメリット

①ライバルが多い

Yahoo!ショッピングは有名である一方、モール数が多いためライバルも多いです。

当然、初心者の人が出店しただけでは、自分の店舗にはアクセスを集められないでしょう。

そのため、広告を出したり、SNSなどでアピールして集客する必要があります。

集客力のあるSNSが無い場合には、広告を利用することも可能ですが、広告費がかかってしまいます。

②売買成約時の手数料が必要

Yahoo!ショッピングでは初期費用や毎月の固定費などは無料ですが、商品が売れればそれに伴って様々な手数料がかかります。

Yahoo!ショッピングの公式サイトを確認すると、手数料は下記のように設定されています。

また、こちらのサイトでは月額費用のシミュレーションが可能です。(ページ真ん中あたりにあります)

試しに月商が100万円の場合の手数料を計算してみると、最低でも58,701円(税込)の費用が掛かります。

③管理画面が使いにくい

Yahoo!ショッピングでは「ストアクリエイターPro」というシステムを使って管理をするのですが、ユーザーからは「動作が重たい」という声を見かけます。

「ストアクリエイターPro」のシステム障害で作業できなくなってしまったこともあるようです。

 

また「ストアクリエイターPro」は、HTMLなどの知識を持った経験者向けにシステム設計されているため、初心者が操作を覚えるのに多少慣れが必要です。

出店審査前に準備するもの

Yahoo!ショッピングの出店審査を始める前に、まずは必要なものを一通り揃えてしまいましょう。

以下に、必要な物を記載しますので全て準備できているか確認してください。

Yahoo! JAPAN ID

出店申し込みのページにはYahoo! JAPAN IDでログインする必要があります。

出店後のショップの管理システムにログインする際にも必要となります。

クレジットカード情報

クレジットカードの登録も必要となります。

クレジットカードは有料オプション等を使用した場合など支払が必要な時に使われます。

会社情報

法人の場合には、登記簿謄本に記載されている会社名、住所及び13桁の法人番号が必要となります。

個人の場合は、会社名に確定申告書に記載した屋号または、ストア運営する際の屋号の入力が必要となります。

代表者情報

代表者情報は、本人確認およびクレジットカード決済サービスの加盟店審査に利用します。

法人の場合は、登記簿謄本に記載されている代表者情報の入力が必要となります。

個人の場合は、確定申告書に記載した本人の情報を入力する必要があります。

銀行口座情報

決済サービスの利用代金やYahoo!からの売上の入金に銀行口座が必要となります。

現状、ゆうちょ銀行は登録することができません。

法人の場合、企業名全てを含む銀行口座が必要となります。

代表者名義の場合は、前項の代表者情報と名義がすべて一致しなければいけません。

個人の場合は、前項の代表者を含む口座情報が必要となります。

出店予定商材情報

Yahoo!ショッピングで取り扱う予定の商材を登録する必要があります。

取り扱い不可の商材を登録しようとすると出店審査に落ちてしまいますので事前にYahoo!ショッピングのガイドラインを確認しましょう。

商材によっては必要になる免許等の情報

中古品やコンタクトレンズなど、一部の商材を扱うには免許等の情報が必要となります。

こちらについても事前にYahoo!ショッピングのガイドラインを確認しておきましょう。

提出が必要な書類

法人、個人でそれぞれ以下の書類の提出が必要となります。

法人の場合

  • 登記簿謄本(履歴事項全部証明書)発行3カ月以内のもの
  • 公共料金の領収書等、国税・地方税の領収証書または納税証明書、青色申告承認申請書(控)、社会保険料の領収書または納入告知書(納付書)いずれか1つ。
  • 代表者もしくはサービス管理者の身分証明証(運転経歴証明証、在留カード、マイナンバーカードのいずれか1つ)

個人の場合

  • 公共料金の領収書等、国税・地方税の領収証書または納税証明書、健康保険料の領収書または納入告知書(納付書)いずれか1つ
  • 代表者様の運転免許証、運転経歴証明証、在留カード、マイナンバーカードのいずれか1つ

出店の流れ

次に出店までの手順について詳しく説明してきます。

出店までの流れは、

①フォームから申込情報を入力・申請する
②契約審査
③開店準備を行う
④開店審査の申請

となります。

以上のように、出店時の審査は②の「契約審査」と④の「開店審査」のがあります。

契約審査は約2~10営業日、開店審査は約2~5営業日かかります。

フォームから申込情報を入力・申請する

まずはYahoo!ショッピング公式サイトのトップページから申込ページへ移動しましょう。

下記のトップページの右上かページ中央部の「出店の申込み」をクリックしてください。

移動したらページ下部の「出店の申込み」をクリックします。

「出店の申込み」をクリックしYahoo! JAPAN IDを入力すると、申請画面になりますので、各種情報の入力を進めましょう。

契約審査

申込みができたら、約2~10営業日で契約審査が行われます。

また、申請した店舗の商材が免許や許認可等が必要な者の場合は、通常よりも審査が長くなることがあります。

契約審査に無事に通過したら次の開店準備に進みましょう。

開店準備を行う

契約審査に通過したら開店準備を進めていきます。

Yahoo!ショッピングにはECのコンサルタントがいるので、一人では心配な人でも色々サポートを受けながら作業を進めることができます。

開店準備をしながら、管理ソフトなどの使い方を覚えていきましょう。

また、Yahoo!JAPANコマースパートナーマーケットプレイス※1を利用すれば、費用は掛かりますが時間をかけずに、開店準備を進めることができます。

※1 コマースパートナーとはストアのニーズに沿った様々なサポートを、Yahooに代わって行う会社の事です。Yahoo!JAPANコマースパートナーマーケットプレイスでは、ストアの構築から販促まで様々なサポートを有料で受けることができます。

開店審査の申請

準備ができたら開店審査の申請をしましょう。

審査の申請はストアクリエイターProから行うのですが、申請をする前にまず、「反映」の操作を行いましょう。

これができていないと、開店審査に落ちてしまいます。

「反映」はストアクリエイターProの反映管理メニューから行います。

下記の赤枠部の反映をクリックしましょう。

反映出来たら、ストアクリエイターProの画面から下記のボタンを押して開店審査の申請をしましょう。

審査通過のためのポイント

Yahoo!ショッピングの出店審査は厳しいことでも有名で、「申請しても審査が通らない」という方もいるかもしれません。

そこで、少しでも審査を通りやすくするためのポイントについて紹介します。

クレジットカードの与信情報に注意する

登録時のクレジットカードの与信情報があまり良くなければ審査に通過できない可能性が高くなります。

支払遅延しているようなカードは信用情報などを調査されてしまうので、そのようなクレジットカードを登録するのはやめましょう。

もし自分の信用情報を確認したい場合は、CIC(シーアイシー)※2JICC(ジェーアイシーシー)※3などの指定信用情報機関に問い合わせてみましょう。

※2 株式会社シー・アイ・シー(CIC)は、クレジット会社の共同出資により、昭和59年に設立された、主に割賦販売や消費者ローン等のクレジット事業を営む企業を会員とする信用情報機関。

※3 株式会社日本信用情報機構(JICC)は昭和61年に設立された会社で、信用情報の収集・登録・管理・提供並びに交流をおこなっている。

Yahoo!の規約違反をしているアカウントは使わない

過去にヤフオク!でアカウントを停止されているような場合は、出店申請ができません。

そのような場合にはアカウントを再取得して、新たなアカウントで申請することをおススメします。

Yahoo! JAPAN IDを新規に取得する

せどりをするのにヤフオク!を使っていた人などは、審査上不利になることがあると言われてます。

それは、Yahoo!ショッピングをせどりした商品の販売先として使われたくないからです。

ちなみにせどりというのは「製品を安く仕入れて、高く売ること」という意味です。

転売とほぼ同じ意味と考えてください。

このように非正規流通商品を取り扱うせどりを行う業者の参入にYahoo!ショッピングが敏感になっているという噂があります。

あくまでも噂ですが、Yahoo!ショッピングを利用する立場で考えれば、非正規流通品を取り扱う業者から購入することは控えたいという気持ちもあるでしょう。

このように不利になるデータが残っている場合は、新規Yahoo! JAPAN IDを取得した方が審査に通りやすくなります。

入力情報が一致しているか確認する

Yahoo!ショッピングの出店審査では、クレジットカードや銀行口座など、代表者名が記載された情報を入力します。

これらについては完全に一致していないと審査を通過することはできません。

また、住所も謄本と一致していているか確認しましょう。

例えば、謄本には「1丁目1番地1号」と書いてあるのに、申請時「1-1-1」と入力してしまってもNGです。

細かいことですが、完全に一致しているようにしっかりと確認しましょう。

免許などが必要な商材は全て「なし」を選ぶ

出店審査の際に、出品予定の商材を記入する部分がありますが、ここは全て「なし」を選択しておく方が無難です。

「あり」を選択してしまうと、審査の中で、「本当に免許や認可を取得しているか」ということを確認する必要が出てきてしまい、審査が複雑かして厳しくなってしまいます。

商材は出店審査に通過してからでも変更できるので、はじめは「なし」にしておくことをオススメします。

Yahoo!プレミアム会員登録をしておく

Yahoo!プレミアム会員でないと審査に落ちるというわけではありません。

しかし、会員になっておくと審査に通りやすいという話があるのも事実です。

月額508円(税込)で様々なYahoo!のサービスが使えるので、Yahoo!を良く利用するならば、プレミアム会員になっておいても損はないと思います。

貴社ストアURLは何も記載しない

こちらは、任意入力となっているのであえて、入力するのはやめておく方が良いでしょう。

理由は、Yahoo!ションピング側で審査する項目が増えてしまうからです。

具体的には、ストアURLに記載されたショップが「特定商取引法にしっかり基づいて表記がされているか」、「取り扱いの商材に問題はないか」なども審査されます。

もしも、このショップに問題があれば出店審査も通らなくなってしまいます。

余計なリスクを増やさないためにも貴社ストアURLの記載はやめておきましょう。

フリーメールでの登録は避ける

登録するメールアドレスがフリーメールだと、出店申し込みのためだけに用意したメールアドレスだと誤解される可能性があります。

そのため、フリーメールは避けておく方が無難です。

Yahoo!ショッピングからの確認電話には必ず出る

出店審査の過程で本人確認の電話がかかってくることがあります。

電話に出られないと、審査に落ちてしまう可能性が高くなるので、必ず出られるように、知らない番号からかかってきても無視せずにとるようにしましょう。

郵送物を必ず受け取る

審査の途中でYahoo!ショッピングから書類が届くのでこちらも必ず受け取れるようにしましょう。

  • 法人の場合

・口座振替用紙:企業の住所へ送付される

・本人確認通知書:代表者の自宅の住所へ送付される

  • 個人の場合

・口座振替用紙:代表者の自宅の住所へ送付される

審査を通過できなかったら

もし、出店審査に通過できなかったらどうすれば良いのでしょうか。

以下、審査に落ちてしまった場合の対策について説明します。

再申請する

Yahoo!ションピングの審査に落ちたからといって、2度と出店できないわけではありません。

出店審査に落ちても再度、審査を申し込むことは可能です。

しかし、落ちたときと同じ状態で再審査しても結果は同じです。

なぜ審査に通らなかったのか、よく確認し、不備を修正してから再申請してみてください。

代表者を変える

もし審査に落ちた場合は、代表者を変えてみるのも一つの手です。

もし、知り合いなど代表者として登録しても良い人がいれば、自分の代わりに代表者になってもらいましょう。

そうすれば、自分の与信情報に問題があっても審査を通過できる可能性も高まります。

他のショップを運営している場合、ショップの評価をチェックする

すでに自分で別のショップを運営している場合、そのショップの評価を確認してみましょう。

もしも、自分の運営しているショップの評判が悪い場合、審査に悪影響が出る可能性があります。

そのような場合には、申請時の情報に記載するのはやめておきましょう。

プロの代行サービスに依頼する

自分で何回も申請しても、審査に通らない場合には、お金はかかりますが、プロの代行サービスに依頼するのも良いでしょう。

代行サービスには、出店審査から開店審査まで一貫して対応してくれるものから、開店審査のみ対応してくれるものもあります。

(開店審査のみ対応のサービスの場合、出店審査は自分で通過する必要があります)

出店審査から開店審査まで一貫して対応してくれるサービスには以下の様なものがあります。

株式会社 ALL WEB CONSULTING

gratia(グラーティア)

※現在は新規サポート受付を一時停止中

中々審査が通らない方は、費用はかかりますがこれらのサービスの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

出店審査は通過するためのポイントを事前確認し申請を!開店審査前は「反映」を忘れない!

以上、Yahoo!ショッピングの出店審査の具体的手順や通過するためのポイントなどについて説明してきました。

もう一度、出店審査を通過するための10個のポイントをまとめておきます。

出店審査を通過するためのポイント
  • クレジットカードの与信情報に注意する。
  • Yahoo!の規約違反をしているアカウントは使わない。
  • Yahoo! JAPAN IDを新規に取得する。
  • 入力情報が一致しているか確認する。
  • 免許などが必要商材は全て「なし」を選ぶ。
  • Yahoo!プレミアム会員登録をしておく。
  • 貴社ストアURLは何も記載しない。
  • フリーメールでの登録は避ける。
  • Yahoo!ショッピングからの確認電話には必ず出る。
  • 郵送物を必ず受け取る。

また、開店審査前はストアクリエイターProから「反映」をおこなうのも忘れないように注意してください。

さいごに:何回やっても出店審査に通らないならセールスモンスター

もし、何回やっても出店審査に通らない場合、セールモンスターを利用するのも一つの手段です。

セールモンスターをカンタンに説明すると、Amazonで販売している(FBAで販売している)商品を、他モール(7つの販路)と連携して自動で販売・発送してくれるサービスです。

図にすると、次のとおり。

Yahoo!ショッピングはもちろん、「楽天・ヤフオク・Qoo10・au PAYマーケット(旧ワウマ)・ポンパレ・ヤマダモール」へ自動で販売・発送してくれます。

初期登録・月額費用も無料です。
あなたのリスクはゼロです。

SaleMonster(セールモンスター)のサービス概要を動画でも説明しています▼

SaleMonster(セールモンスター)を利用したいという方は、以下のリンクよりご登録ください。

当サイトからの特別特典として100商品まで無料(通常登録では10商品まで無料)で利用することができます。

いますぐ登録したい方はこちら

 

Photo:PixabayUnsplash

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

トリップ大学プロデュース
Shopify(ショッピファイ)格安構築サービス

Shopify 公式パートナーが構築するプロ仕様ショップがなんと構築費10,000円!

自社ショップが最短7営業日でオープン可能です。

ネットショップの制作でこんなお悩みはありませんか?

①制作費用が高額すぎる
※小規模の店舗でも30万円前後が相場です。凝ったデザインや機能や仕様を求める場合、100万円以上かかる場合もございます。

②自社ショップを作りたいけどハードルが高く躊躇している。
※Shopifyはシンプルで直感的な操作性と拡張性が高く、誰でもわかりやすい管理画面で運用可能です。

■Shopifyが選ばれる理由

1.運営・運用コストを削減できます。(月額29$)
2.使いやすい管理画面
3.拡張機能が充実している

③Amazonなどに出店しても価格競争に巻き込まれて利益がでない
※脱プラットフォーム依存したい

④ゆくゆくは内製化したいが、初期構築はサポートして欲しい

そのお悩み、Shopify格安構築サービスが解決いたします!

詳しくはコチラ


スポンサーリンク


STORES(ストアーズ)


BASE (ベイス)


LULUCREER(ルルクリ)

クリエイター・デザイナーのためのグッズ制作サービス


激安の殿堂「ドンキホーテ」も利用してる仕入れルート

tousann.gif