fbpx

【リサーチ】WatchBell(ウォッチベル)の機能・料金を徹底調査【評判・口コミあり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

Amazonで販売されている商品のデータ(ランキング・出品者数・最低価格)を調べられるモノレートが、2020年6月で閉鎖されました。
Amazonで商品を売買する物販プレーヤーにとって、モノレートの代替ツールには、どのような選択肢があるのでしょうか。

ここでは、モノレートに匹敵または上回るツールを探している物販プレーヤーにオススメなAmazonサイト内のさまざまなデータを可視化できるツール「WatchBell(ウォッチベル)」について徹底解説していきます。

目次

Amazonデータ可視化ツール「WatchBell(ウォッチベル)」とは?

WatchBell(ウォッチベル)は、Amazonに出品されている商品の価格や出品者数・在庫数などを最適化して可視化するAmazonデータ可視化ツールです。

WatchBell(ウォッチベル)とよく似た機能を持つAmazonデータ可視化ツールに、モノレートというツールがありました。
モノレートの開発元は、WatchBell(ウォッチベル)と同じインベイズ株式会社が開発しています。

モノレートは、調べたい商品名やキーワードで検索すると、最安値・出品者数・ランキングが折れ線グラフで表されるという仕組みのツールでした。

Amazonの物販プレーヤーにとって必須のツールでしたが、2020年6月30日にサイトが閉鎖され、モノレートは利用できなくなりました。

Amazonの許可を得ずに開発されていたため「Amazonの利用規約違反に該当」すると判定されたことが閉鎖の理由です。

 

■モノレート閉鎖(6/30)のお知らせ

いつもお世話になっております。
モノレートの運営代表、吉村と申します。この度、2020年6月30日(火)をもって、
モノレートのサービスを終了することを
皆様にお知らせ致します。いつもご利用頂いている皆様には
ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。サイト閉鎖の理由と致しましては、
Amazon様より、
「モノレートが、Amazonの規約違反に該当する」
とのご連絡を頂いた為です。
モノレート公式サイトより引用

WatchBell(ウォッチベル)は、モノレートと違い、Amazonの許可を得て開発されています。
このため、モノレートのような理由でサイトが閉鎖されツールの利用ができなくなる心配はないでしょう。

「WatchBell(ウォッチベル)」は、Amazon様の許可を得てのリリースなので安心してご利用下さいませ。
モノレート公式サイトより引用

このAmazonの開発許可の有無がWatchBell(ウォッチベル)とモノレートの大きな違いです。

また、WatchBell(ウォッチベル)の開発会社は、前述とおり、Amazonのデータ解析に精通しているモノレートの開発元と同じインベイズ株式会社であることからもユーザーの安心感につながっています。

底値じゃなくて、「適値」が分かる!

WatchBell(ウォッチベル)では、Amazonが提供している出品者の個別データを用いて、最低価格・出品者数・在庫数などを分析して最適化・グラフ化していきます。

ユーザーは、このグラフを見ることによって、出品されている商品の価格変動などを一目瞭然に理解することができます。
ただ、WatchBell(ウォッチベル)は、一般的なAmazonデータ可視化ツールのように、底値を追跡する「自動価格改定」ツールではありません。

底値ではなく、より高く売るために、それぞれの商品の性質に合わせた「適値(適正価格)」を提供できるように開発されているのがWatchBell(ウォッチベル)の大きな特徴です。

底値は、あくまで最低価格でしかありません。底値で売れば、ある程度の販売量は確保できるかもしれません。
でも、それではどうしても薄利多売のビジネスになってしまいます。

薄利多売を避けるには、その商品にふさわしい適値を付けることによって、1つ1つの商品からより高い利益を得る必要があります。

とはいえ、多くの商品の適値を個人で解析するのは簡単なことではありません。
それぞれの商品に関する深い知識や、現時点の市場価格などを把握する必要があるからです。

WatchBell(ウォッチベル)では、精度の高い解析を行うことによって商品の適値化を実現し、物販プレーヤーがより高い利益を得るためのサポートを行なってくれます。

WatchBell(ウォッチベル)の登録手順

WatchBell(ウォッチベル)の登録方法ですが、結論とてもカンタンです。まずWatchBell(ウォッチベル)の公式ホームページへアクセスし、ログイン後以下の赤枠にある「新規登録」をクリックして下さい。

そして次のページで以下の赤枠にある「利用規約に同意しました」をチェックし「30日間無料体験を試してみる」をクリック。

新規で会員登録すれば最初の30日間は無料体験期間となるため、まずは無料期間中に一度試してみるのが良いでしょう。
※無料体験期間が終了すると、月額3,980円が課金されます。
※無料期間中に解約した場合は、一切料金はかかりません。
※Amazonの大口契約が必要です。

 

最後に、会員未登録の方は「初めてインフォトップをご利用の方はこちら」をクリックし、必要情報を入力し会員登録を完了させましょう。
※会員登録済みの方は「会員登録済みの方はこちら」をクリックし、ログイン後、設定を完了させましょう。

 

 

会員登録後は、「ユーザ設定」画面から「出品者ID」と「MWS認証トークン」を設定するだけでスグに利用することができます。

いますぐ登録したい方はこちら

Amazonデータ可視化ツール「WatchBell(ウォッチベル)」を利用する3つのメリット

WatchBell(ウォッチベル)には、大きく分けて3つのメリットがあります。

ネットに繋がればどこでも使える

まず、1つめのメリットは、WatchBell(ウォッチベル)は、インターネットに接続できれば、時間や場所を選ばずに利用できます。もちろん、スマホからもアクセス可能で、機種やOSも関係ありません。

いつでもどこでもAmazonに出品されている商品のデータをチェックできるのは大きなメリットです。

また、WatchBell(ウォッチベル)は、高度な解析を行うAmazonデータ可視化ツールです。
ですが、パソコンに専用ソフトを導入したり、スマートフォンにアプリをインストールしたりする必要もありません。

ブラウザ上で利用できるツールなので、複数の端末からすぐにアクセスできます。
パソコンやスマートフォンを常に起動しておく必要はなく、電源をオフにしている間も常にデータの収集してくれるのでめちゃめちゃ便利なんですよね。

しかも、WatchBell(ウォッチベル)”動作が安定で、且つ高速”だからウェブサイトにアクセスするだけで、すべての機能をサクッとストレスなく利用することができます。

それに、モノレートの開発メンバーの”長い経験と確かなスキル”だから、システム障害時の対応スピードは鬼速。

 

高度なデータ解析によるオリジナルのデータとグラフの実現

WatchBell(ウォッチベル)の2つめのメリットは、高度なデータ解析による明確なグラフ化です。

WatchBell(ウォッチベル)では、Amazonから提供されたデータをもとに、出品した商品の価格推移や販売見込額など様々な情報をグラフ化して手軽に比較することができます。

各種グラフの分析データは、ユーザーごとにカスタマイズして出力されます。つまりユーザーごとにオリジナル分析結果を得ることができます。

裏を返せば、閲覧できる分析データは、他の出品者は基本的に閲覧できないことを意味します。そのため、競合他社と差別化を図る際に役立つはずです。

WatchBell(ウォッチベル)の主なグラフは3つ!

WatchBell(ウォッチベル)では、よく利用する主なグラフが3つあります。それぞれの特徴を説明していきます。

1.現在の最安値・出品者状況
2.カート獲得率
3.自出品を除いたグラフ

1.現在の最安値・出品者状況

「現在の最安値・出品者状況」は、リアルタイムでAmazonから価格変動データが提供されるため、価格変動を逐一可視化することができます。

新品の最安値だけではなく、カート最安値、FBA最安値などが表示されます。同一画面上に表示することができるため、それぞれの最安値を比較したい時にも役立ちます。

また、「現在の最安値・出品者状況」の画面上から、即座に価格を手動で変更できる(2クリックで変更できます)ため、カンタンに価格変更作業を完了できます。
※後述の利益シミュレーター画面内の「販売見込価格で保存」ボタンをクリックするまで価格改定されないのでご注意ください。

 

「価格改定機能」の詳しい内容は動画でも解説しています▼

 

2.カート獲得率

 

自社や他の出品者を含めた「カートを獲得する」*1 割合を可視化した「カート獲得率」があります。他店舗の動向を随時チェックできるため、出品する商品や価格改定を行う際の参考になります。

WatchBell(ウォッチベル)では、出品者自身が自社のカート獲得率を把握することはもちろん、他の出品者の獲得率まで知ることが可能です。この情報を分析することで、カート獲得率アップのための施策を講じることができます。

 

*1 カートを獲得する

Amazonには1商品1ページというルールがあり、1つの商品に対して商品ページは1ページしか存在しません。
つまり、同じ商品を複数ショップが販売しています。ですが、トップページに表示されるショップは1ショップのみです

Amazonを利用する消費者の多くは、トップページの「カートに入れる」から購入されるケースが多いため、トップページに表示されるショップの商品から優先的に購入されることになります。

このようにトップページにショップが表示される状態を「カートを獲得する」と言います。
カートを獲得していない店舗の商品は目立たない場所に表示されるため「カートを獲得する」ことは、Amazonで売上アップを図るためにはもっとも重要な施策です。

3.自出品を除いたグラフ

「自出品を除いたグラフ」は、値上げを考える際に利用できるグラフです。
「自出品を除いたグラフ」では、「自出品」ボタンをオフにすると、自社が出品する商品の最安値だけをグラフから除去できる機能です。

他の出品者だけの価格情報を集めたデータが判明すれば、最安値ギリギリを狙って価格設定することも可能です。つまり、無駄な安売りをせずに済みます。出品する商品や価格の見直しの参考にしてみてください。

かゆいところに手が届く!WatchBell(ウォッチベル)のなにげに便利な機能

タグ機能

取扱う商品数が増え、管理がしにくくなった時はタグ機能が役立ちます。
タグ機能は、商品をグルーピングするための機能です。

タグを付けることで簡単に商品をグループ化できるため、目的の商品をすぐ検索することができます。

例えば、仕入れ先ごと、商品ジャンルごとに商品を自由にグルーピングすることができるので、商品管理に役立ちます。
他のツールにはない便利な機能でしょう。


メモ機能

他にも気になったことなどを商品にメモする機能です。

 

利益シミュレーター

利益率・販売見込額などをカンタンに計算できる利益シミュレーターが実装されています。
また、利益シミュレーター画面内で、Amazonポイント*2の設定(入力)もできます。

Amazonへの出品経験が乏しい方にとっては、特に親切な機能ですね。

 

*2 Amazonポイント

Amazon.co.jpでの商品購入に利用できるポイントです。出品者が商品ごとに自由に付与できます。
※他販路(楽天やYahooショッピングなど)で利用することはできません。

チャート機能の充実

WatchBell(ウォッチベル)の3つめのメリットは、チャート機能の充実です。

「アマゾン本体チャート」は、Amazon全体の価格推移と「在庫あり・入荷予定あり・入荷予定なし」の在庫状況を知ることができる機能です。

「出品者価格チャート」で他社の価格改定を動向を探ることで、自社の商品の値付けに生かすことができます。

「販売見込価格チャート」は、グラフ上に販売見込価格に関するチャートが表示される機能です。
このチャートを表示することによって、価格推移と販売見込価格の比較が可能になり、出品価格をより客観的に導き出すことができます。

「損益分岐点チャート」は、商品原価を入力するだけで、赤字になる分岐点を教えてくれる機能です。
販売価格の下げ過ぎを防止できるため、不用意な価格設定を心配する必要がありません。

「良い・非常に良い・ほぼ新品チャート」は、他社の商品のコンディションの動向を知ることができるチャートです。

自社の商品と同一の商品のコンディションを確認できます。

例えば、他社の商品が「可」のコンディションで、自社の同一商品のコンディションが「良い」と判定されるのであれば、「可」の最安値に合わせる必要はありません。
この場合、「良い」のコンディションの中で最安値に合わせるのがベストです。

Amazonデータ可視化ツール「WatchBell(ウォッチベル)」の3つのデメリット

Amazonの大口出品アカウントを持っている人しか利用できない

一方、Amazonの大口出品アカウントを持っている人しか利用できないのがデメリットとなりえます。

Amazonに商品を出品するためにはアカウントが必要になりますが、アカウントには小口出品と大口出品の2つのプランがあります。

副業ではなく、本業として物販に取り組んでいる方であれば、ほとんどの場合、大口出品アカウントであるため、デメリットに感じる人は少ないかもしれませんね。

Watchbell(ウォッチベル)利用開始以前のデータは表示できない

他にも、WatchBell(ウォッチベル)では、利用を開始してからデータを蓄積し始め、ユーザーオリジナルのグラフなどを構築します。つまり、利用開始以前のデータは表示することができません。

そのため利用当初は、必然的に蓄積データ量が少ない状態であるため、分析資料として役立たないかもしれません。

ただし、この問題はある程度の利用期間が経過すれば自然と解消されるはずです。

自動価格改定機能がない

自動価格改定機能がないのもデメリットになりますが、そもそもWatchBell(ウォッチベル)は適値を調べて手動で価格を設定することで、高い利益を得るというコンセプトのツールです。

自動的に底値で商品を売り薄利多売を目指すのではなく、高い利益を得るために様々なデータを分析し最適な価格を設定するツールです。

自動価格改定ツールとは別物と考えて利用しましょう。

なお、あらゆる商品の価格設定を肌感覚で覚えていけるため、初心者には、自動より手動の方が向いているとも考えられるでしょう。

いますぐ登録したい方はこちら

Amazonデータ可視化ツール「WatchBell(ウォッチベル)」の利用に必要な料金

WatchBell(ウォッチベル)には、30日間の無料体験が用意されています。無料期間中に解約すれば、追加費用がかかる心配はありません。

この無料体験終了後も利用を続ける場合、毎月同日に(3980円/月額)が自動で決済されます。VISAやMasterCard、JCBなど主要なクレジットカード払いに対応しています。

なお、月途中で解約した場合も、日割りによる料金の返還はありません。
(利用規約・第5条の1)

第5条(登録の削除等)
1. 会員が登録の削除を希望するときは当社が別途定める方法により会員登録を削除することができます。その場合、すでに支払われた料金等については一切返還しないものとします。

いますぐ登録したい方はこちら

 Amazonデータ可視化ツール「WatchBell(ウォッチベル)」の口コミや評判を紹介

WatchBell(ウォッチベル)に関する口コミや評判をピックアップしてみました。

https://twitter.com/saikinfutorigim/status/1272352706112307201

実際にWatchBell(ウォッチベル)を使った人は、在庫確認とセラーリサーチがしやすいみたいで、その評判は良いそう。

また、WatchBell(ウォッチベル)の利用者からも評価の高いコメントがちらほら。

いますぐ登録したい方はこちら

Amazonデータ可視化ツール「WatchBell(ウォッチベル)」を他の主要なツールと比較してみた

Amazonデータ可視化ツールとしてWatchBell(ウォッチベル)以外にもKeepa(キーパ)やショッピングリサーチャーを選ぶ人もいます。

そこで今回は、主要な2つのツールをピックアップして、料金面・導入のしやすさ・機能面・安心して使えるかどうかの4つの観点から比較していきます。

 

他のツールもがありますが、WatchBell(ウォッチベル)に近いサービス内容のもの同士で比較していきます。

料金面

ツール名 月額料金 日割料金
Keepa(キーパ)有料版 15ユーロ(約1,900円)
※2021年2月時点
1ユーロ=127.92円 換算
ショッピングリサーチャー(pro版) 3,980円
WatchBell(ウォッチベル) 3,980円

Keepa(キーパ)有料版と比較すると、WatchBell(ウォッチベル)の方が高く
ショッピングリサーチャー(pro版)と比較すると、WatchBell(ウォッチベル)と同料金ですが、

それぞれの機能や用途が変わってくるため、単純に料金だけで比較はできません。
無料版や体験版が用意されているので、まずは無料で試してみて機能など把握しておくとよいでしょう。

導入のしやすさ

ツール名 導入のしやすさ
Keepa(キーパ)有料版
ショッピングリサーチャー(pro版)
WatchBell(ウォッチベル)

次に導入のしやすさについてですが、WatchBell(ウォッチベル)も、Keepa(キーパ)も、ショッピングリサーチャーも、ブラウザ上で動作するツールとなっているため導入に手間取る心配はないでしょう。

Keepa(キーパ)

Keepa(キーパ)は、ブラウザで使う方法とChromeの拡張機能で使う方法があります。
ブラウザで利用する場合は、Google Chrome・Internet Explorer・Safariといった有名なブラウザに対応しており、Keepa(キーパ)のウェブサイトからアカウント登録するだけですぐに利用できます。

アカウント登録後、商品の価格推移や売れ筋ランキングなどをチェックすることができます。

ショッピングリサーチャー

ショッピングリサーチャーもGoogle Chromeの拡張機能からインストールすると、すぐに利用することができます。
Amazonの商品ページで、Amazon以外の通販サイトとの価格の比較や、価格推移のチェックができます。

機能面

ツールを使う上で重要になってくる機能面についても見ていきましょう。

Keepa(キーパ)

Keepa(キーパ)は、海外製のAmazonデータ可視化ツールで、日本語にも対応しています。WatchBell(ウォッチベル)と同様に、商品の価格推移をチェックする機能があります。

keepa(キーパ)独自の機能は、設定した商品の値動きがあった際にメールでお知らせしてくれます。

keepa(キーパ)は、海外のツールであるため、基本的に海外輸出を行なっている物販プレーヤーに向いています。
このため、どちらかというと日本国内の消費者だけを相手にビジネスを展開している物販プレーヤーよりも海外輸出を考えている物販プレーヤーに向いているツールです。

なお、keepa(キーパ)は一部の機能が利用できる無料版とすべての機能が利用できる有料版があります。

ショッピングリサーチャー

ショッピングリサーチャーは、Amazonだけではなく他のサイトの価格も一覧表示し比較することができます。
これは、WatchBell(ウォッチベル)にはない機能です。

ショッピングリサーチャーの機能は
「価格・ランキング推移」「販売価格やその他手数料の計算」「他の通販サイトへのリンク」などがあります。

「価格・ランキング推移」では、価格とランキングの推移を表示します。

「他の通販サイトの最安値価格の表示」は、Amazonと他の通販サイトの最低価格が表示されます。

「他の通販サイトへのリンク」は、Amazon以外の通販サイトにワンクリックで移動できます。

ショッピングリサーチャーも、一部の機能が利用できる無料版とすべての機能が利用できる有料版があります。

ショッピングリサーチャーには、拡張機能でしか利用できない点や機能の少なさといったデメリットがあるため、使い勝手が良く多機能なWatchBell(ウォッチベル)の補完ツールとして利用することで、その能力をさらに発揮できるツールと言えます。

UI*3がモノレートと似ているため、モノレートの操作に慣れている人が代替ツールとしてショッピングリサーチャーを選ぶケースも多いようです。

*3 UI
サイトの見た目や使いやすさ

安心して使えるかどうか

ツール名 Amazon公認ツールの可否
Keepa(キーパ)有料版 ×
ショッピングリサーチャー(pro版) ×
WatchBell(ウォッチベル)

最後に、安心して使えるツールかどうかを見ていきましょう。
ネット物販に利用されるツールにはいろいろな種類がありますが、Amazon公認のものとそうでないものがあります。

WatchBell(ウォッチベル)・Keepa(キーパ)・ショッピングリサーチャーの3つのツールの中では、前述とおりWatchBell(ウォッチベル)がAmazon公認ツールとなっています。

■モノレート閉鎖(6/30)のお知らせ
「WatchBell(ウォッチベル)」は、Amazon様の許可を得てのリリースなので安心してご利用下さいませ。
モノレート公式サイトより引用

Amazonから公認されたツールであれば、いきなりサービスが終了しツールが使えなくなるというリスクも少なくなります。

公認されていれば便利なツールというわけではないですが、安心して使えるかどうかを考える上で、Amazon公認ツールかどうかもチェックしておく必要があるでしょう。

「WatchBell(ウォッチベル)」は、こんな人におすすめ

・早く売り切るのではなく、高利益を得たい方
・ネット物販に興味がある初心者の方
・カート獲得率からセラーをリサーチしたい方

上記に該当するのであれば、WatchBell(ウォッチベル)の利用を検討してみてください。

モノレートの代替ツールを探している人は、Amazonデータ可視化ツール「WatchBell(ウォッチベル)」を利用しよう!

WatchBell(ウォッチベル)は、モノレートのように過去のデータを表示することはできません。

ですが、WatchBell(ウォッチベル)では、将来的に仕入れる可能性のある商品を、実際に購入されないように高額な価格設定で空出品しておくことで、データを蓄積することはできます。

 

結果、「自社専用のモノレート」のように使うこともできなくはありません。
なので、モノレートの代替ツールを探している人は、Amazonデータ可視化ツール「WatchBell(ウォッチベル)をオススメします。

なお、冒頭でも軽く触れましたが、WatchBell(ウォッチベル)では、新規で会員登録すれば最初の30日間は無料体験期間となるため、まずは無料期間中に一度試してみるのが良いでしょう。

いますぐ登録したい方はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


スポンサーリンク


STORES(ストアーズ)


BASE (ベイス)


LULUCREER(ルルクリ)

クリエイター・デザイナーのためのグッズ制作サービス


激安の殿堂「ドンキホーテ」も利用してる仕入れルート

tousann.gif


     

コメントを残す

*