fbpx

【マーケティング】UNIQLO(ユニクロ)も積極活用!Instagram(インスタグラム)で商品を売るコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


おはようございます。

ネット物販コンシェルジュの松永です。

ファッションモデルをはじめ、芸能人の利用も多い写真共有SNSのInstagram(インスタグラム) 。

最大の特徴は、多くの魅力的なフィルタを使って、
写真をクール、レトロなど、ステキな雰囲気にすることができます。

今回は、このInstagram(インスタグラム) のネットショップでの販促活用について考えていきましょう。

 

ファッションアパレル系EC と相性が良い

日本では、伸び悩んでいましたが、アクティブユーザーが全世界で4億人、日本人ユーザー数は810万人を突破し、カジュアル衣料大手の「UNIQLO(ユニクロ)」を展開するファーストリテイリングファッションなど、アパレル系EC を中心に販促活用され始めています。(2015年10月時点

  • 月間アクティブユーザー:4億人

  • シェアされた写真:400億枚以上

  • 1日にシェアされる写真:平均8,000万枚

Instagram(インスタグラム)は、Twitter(ツイッター) と同様、
フォローしたユーザーの写真がタイムラインに流れる仕組みです。

SNSの仕組みは同じですが、
Instagram(インスタグラム)とTwitter(ツイッター)の人気ユーザーの傾向は大きく異なります。

 

Twitter(ツイッター) は実業家やお笑い芸人に人気があるのに対して、
Instagram(インスタグラム)はファッションモデルが上位を独占しています。

ファッションモデルの彼女達が、毎日のファッションの写真をアップロードし、
20〜30代の女性達は、参考にしているのです。

また、ファッションセンスのある一般人にも、
多くのフォロワーを抱える有名なユーザーがたくさんいます。

Instagram(インスタグラム)は海外セレブが使い始め、
触発されたファッションモデルが追従した経緯があります。

その経緯から、

「Instagram(インスタグラム)=ファッション」

のネット文化が形成されたのでしょう。

Instagram(インスタグラム) の販促フロー

Instagram(インスタグラム)は、写真(画像)ベースで、商品(作品)を紹介・掲載できるSNSです。

 

その商品(作品)の品質、魅力に自信があれば、
すでにお客様自身が、認知しているキーワード(認知キーワード)で、商品の写真(画像)を見つけてもらえます。

その、認知キーワードの役割を果たすのが、ハッシュタグです。
ハッシュタグとは、SNSで投稿につけるラベリングのことです。

例えば、「#北欧」というハッシュタグをつけることで、
「北欧」に関する投稿であるといったラベリングができます。

 

そのハッシュタグ「#北欧」をもとに、
「北欧」に興味関心を持っているユーザーは、商品(ブランド)の写真(画像)を探しやすくすることができます。

#北欧」のハッシュタグ(認知キーワード)に興味がある女性をターゲットにしているのが「池屋」というブランドであり、その名前を知らずとも、ハッシュタグ(認知キーワード)を通じて、商品(ブランド)に出会い、購買へ繋がるのです。

つまり、新しい商品(ブランド)に対する、潜在的な購買意欲を掘り起こすことができるのです。

Instagram(インスタグラム)のオーソドックスな集客から購買の導線

次に、Instagram(インスタグラム)を活用して、集客から購買までの具体的な流れをみていきましょう。


1.ハッシュタグを使い、潜在顧客(ファン)に見つけてもらう

2.商品の着用写真、シズル感、商品の想いやストーリー、世界観をセンスよく投稿

3.質の高いフォロワー(ファン)が集まる

4.顧客(ファン)のニーズが高まったタイミングで、期間を限定して、商品販売開始日を公開・販売

商品販売開始日をあらかじめ告知し、且つ、いつでも買えるのではなく、期間を限定することで、
希少価値が増します。

待ち焦がれた販売日まで待って、なんとか手に入れたいという心理が働き、
そのブランド(商品)のファン(フォロワー)たちが、指定の販売開始日時に注文が殺到し、
あっという間に完売してしまうのです。
 

ユーザーがよく検索するハッシュタグ

最後に、Instagram(インスタグラム)ユーザーがよく検索する代表的なファッション・アパレル系のハッシュタグをご紹介します。

 

 

OOTD=今日の服装
HAIRARRANGE=ヘアアレンジ
OUTFIT=全身コーディネート
KOTD=KICKS of the day =今日のシューズ

ハッシュタグは複数使ってもかまいません。潜在顧客に見つけてもらう確率が高くなります。

人気が出たら、独自のハッシュタグを作って写真をアップロードしたり、お客様にコーディネート写真を投稿してもらったりするのも良いでしょう。

ブランド(商品)のファンを増やすのに効果的です。

 

 

Photo:Sebastiano_Rizzardo / Pixabay

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


スポンサーリンク



BASE (ベイス)


LULUCREER(ルルクリ)

クリエイター・デザイナーのためのグッズ制作サービス


激安の殿堂「ドンキホーテ」も利用してる仕入れルート

tousann.gif


     

コメントを残す

*