fbpx

マーケティング|トリップ大学|デザイナー・クリエイターのための物販大学

【マーケティング】STORES×LINEとは? LINEで運営・集客する方法【便利すぎた】

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

STORES(ストアーズ)はネットショップ構築サービスの一つで、その手軽さと便利さでこれまで多くのショップが開設されています。

そこで、LINEを使うと更にSTORES(ストアーズ)でのショップ運営が便利になるのをご存知でしょうか?

今回は案外知られていないかもしれない、LINEを使ったショップ運営機能と集客方法をご紹介していきたいと思います。

この記事でわかること
・ネットショップ運営にLINEを使うメリット
・ネットショップの集客にLINEを使うべき理由

 

いますぐ登録したい方はこちら

続きを読む

【マーケティング】STORES ネットショップが売れない理由とは?【現役店長が分析してみた】

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

ネットショップを運営していると、必ず売上に伸び悩む時期があると思います。

「ショップ開設したものの、注文があんまり入らない…」
「先月は良かったのに、今月はなぜかダメだな」

悩みながらもとりあえずショップを続けている、もしくは諦めてしまう人もいるかもしれません。

そんなショップオーナーのために、STORES(ストアーズ)ではショップを分析できる機能やサポートが用意されています。

これまで多くのネットショップを分析してきた私が「ネットショップを運営するなら必ず知っておきたい分析機能・方法」の基本をご紹介していきます。

【マーケティング】ネットショップの集客問題をお助け!STORESおすすめ集客機能【厳選してみた】

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

今日では個人で気軽にネットショップを作れる時代になりました。
これからネットショップを開設しようと考えている人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、ネットショップの最大の難点は集客です。

実店舗の場合ももちろん集客対策は必要ですが、たまたま通りかかった人が購入してくれることもあります。
一方で実店舗を持たないネットショップの場合、自身で工夫してショップの存在を知ってもらうところから始めなければいけません。

「ネットショップって知名度がないと売れないのでは?」

このような不安を抱えるショップオーナーのために、ネットショップ構築サービスSTORES(ストアーズ)」は、集客問題をお助けする便利な機能を無料で提供しています。

本記事では、すぐにでも使える集客機能をまとめていきます。

いますぐ登録したい方はこちら

続きを読む

【マーケティング】Shopify(ショッピファイ)売上アップは可能 目的別 厳選おすすめアプリ7選【保存版】

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

Shopify(ショッピファイ)は、6000種類を超える豊富な数のアプリが存在していると言われています。

そのアプリの中から、自社のショップに最適なアプリを選択するのはなかなか難しいですよね。

ここでは、Shopify(ショッピファイ)公式開発パートナーの私から、無料・有料問わず、目的別に売上に直結する厳選した優良アプリをご紹介していきます。

Shopify(ショッピファイ)運用に、悩まれている方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

続きを読む

【マーケティング】訴求すべきは、商品の機能ではない!売れる商品説明の書き方を徹底解説!

おはようございます。
ネット物販コンシェルジュの松永です。

ネット通販に関わらず、顧客が求めているのは、商品の機能(スペック)の一面だけではなく、「商品の先にある幸福を購入している」ということを常に念頭に置き、商品の開発を行うようにしましょう。

商品説明を考える際、どうしてもその商品の良さやスペックなど、その商品自体にフォーカスして紹介してしまいがちになります。

人は商品を購入したいわけではなく、「商品を購入後に得られる効果・効能を得るために、商品を購入します。

今回は、商品ページでの、商品説明の書き方のポイントと注意点をお伝えします。

 

続きを読む

【マーケティング】Amazonで想定以上にOEM商品が売れない!? 問題解決のための論理的思考法

 

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

Amazon では、売上をあらゆる尺度から分析できるビジネスレポートを提供しています。今回は、Amazonビジネスレポートを利用して、新規出品したOEM商品が、思ったほど、売れない時にチェックすべきポイントを解説してきます。

続きを読む

【販売】初心者向け! オリジナル商品制作から販売の流れ

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

輸入ビジネスは、商品の開発も大事ですが、販売も同じくらい大事です。

 

輸入ビジネスを始める方の全てが、最初から、人を雇ってビジネスを展開できる訳ではありません。

ビジネスが軌道に乗るまでは、商品の開発も販売も全て自分一人で行うことになります。

そこで、輸入ビジネスを始めたばかりの方や、これから輸入ビジネスを始める方向けに、カンタンな販売の流れを見ていきましょう。

 

続きを読む

【マーケティング】薄利多売終了宣言!ファネルを制すものがネット通販ビジネスを制す!?

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

「ファネル」という言葉をご存知でしょうか。
マーケティングを学んだ事がある人であれば、一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか?

ファネルとは、漏斗(ろうと)のことです。

画像のように、入り口が大きくて下に行くほど、だんだん狭くなって行き、出口が一番狭くなっています。

商品が売れる時も、同じプロセスをだどります。

最初に見込み客を多く集め、購入に至るまでに、いくつもの離脱ポイントがあります。
徐々に、見込み客が減っていき、そして、通過した見込み客が、優良顧客へと絞り込まれ、最終的に購入してくれます。

このファネルの考え方を使って、ネット通販ビジネスに蔓延する薄利多売戦略をやめるための考え方を解説していきます。

続きを読む

【マーケティング】売れる商品に早変わり!一瞬でハートを鷲掴み 感情を揺さぶる数字を使った表現トリック

おはようございます。
ネット物販コンシェルジュの松永です。

商品を販売するにあたり、コピーに数字を差し込むことで、ブランドコンセプトが活き、商品を購入してもらいやすくなります。

 

ぽっちゃり美女と綾小路きみまろさんのナレーションのCFで話題のファンケルの「カロリミット」というサプリメントの商品を、例にあげます。
※同商品は2014年6月の発売以来、520万個(注:2014年6月~2017年3月末の販売実績概算)を販売するヒット商品です。

 

続きを読む

【クリエイティブ】ECサイトのスマホ最適化が急務な理由

 

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

数年前までは、1つのウェブサイトでパソコン・スマホ・タブレット、どの環境でもデザインの崩れが無く対応するレスポンシブ・ウェブデザインが主流となっていましたが、現在、商品ジャンルを問わず、スマホ(タブレット含)が、60%の割合に対し、パソコンが40%の割合で閲覧される状況になっています。

また、大手ECモールの利用者数 1位の「Amazon」と、2位「楽天市場」を比較してみると、
共にスマートフォンからの利用が多く、70%以上の人がスマートフォンのみで利用しています。

 

年代別では、若年層(18歳~34歳)ほどスマートフォンのみの利用の割合が高く、Amazon楽天市場、共に、80%を超えています。

※ニールセン デジタル株式会社調べ

この割合は、現在も顕著化してきており、スマホやタブレットの割合が上昇し続けています。
このような現況ですので、ECサイトのスマホに最適化した制作するのが当然と言えます。

スマホに最適化した商品画像制作のポイントは、以下の記事も参考にしてみてください。

【クリエイティブ】売れる商品画像制作の秘訣大公開!

本日は、ECサイトにおけるスマートフォンの最適化(モバイルファースト)について解説していきます。

続きを読む