fbpx

ノウハウ

【物流】輸入ビジネス 自社発送 定形外郵便の送り方 お届け日数 料金【現役店長が徹底解説】

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

ネットショップの店舗をオープン前に、発送方法を決定しなければなりません。

物流業者*1ごとに、多数ある発送方法*2の中で、どのような場合に、どの発送方法を利用すればいいのか、どの発送方法が正解なのか?迷ってしまうという方も多いと思います。

ちなみに、Amazonの店舗運営では、商品の販売から受注・出荷作業を代行してくれるFBAサービスもありますが、

「この商品は、○○○○○○が販売、発送します。」

と記載があるカタログ(ページ)のセラーは、FBAサービスを利用せずに、自宅やオフィスから直接お客様に商品を配送しています。

Amazonでは、自己(自社)発送と言われている配送方法です。

 

この場合、こちらのセラーと同様に、最適な発送方法を決定しなければなりません。

*1 日本国内の主要な物流業者(日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便)
*2 日本郵便(定形外郵便・定形郵便・クリックポスト など)、ヤマト運輸(クロネコDM便・ネコポス・宅配便コンパクト など)佐川急便(飛脚メール便 など)

どの発送方法を採用するかによっても、商品サイズ・商品重量・配送エリアによっても、送料は大きく異なります。

まず、みなさんの店舗で、発送方法を検討するにあたり、次の3つに分けることができます。

  • コストを重視する
  • スピードを重視する
  • 安心を重視する

以下の図を見てください。


出典:『ネットショッピングの定着と消費者向けビジネスの構造変化

 

つまり、商品価格に関わらず約72%前後の人が

ネットショップを選ぶ際に、
「送料が安いこと(あるいは送料無料)を必須条件」
である。

と回答しています。

上記の結果から、「送料の安さ」を重要視し、送料設定することで、多くのお客様が購入して頂ける可能性があると言えます。

そこで、今回は、多くの物流業者、数多くの発送方法がある中で、
「コストを重視する」の視点で、比較的、軽くて、厚みのある商品*3を販売している方にオススメの日本郵便の定形外郵便の発送方法について徹底解説していきます。

*3 厚さ3㎝以内で、重さ150gを超える商品の場合は、定形外郵便よりもクリックポスト(全国一律 198円)がオトクになります。

 

 

続きを読む

【クリエイティブ】成約率3倍UP!売れる画像の具体的な作り方・考え方【実例あり】

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

ネットショップでは、売れる要素の一つである「商品画像」は、もっとも重要です。

「商品」の良さが、即座に画像で伝わらなければ、
どれだけ「商品」が良くても、「商品」の良さを、1㎜も伝えることができず、その場を立ち去っていくでしょう。

Amazon*1や楽天市場Yahoo!ショッピングなどのショッピングモールでは、お客様は、ほとんどの場合、お目当ての商品を探す際、検索窓に、「検索ワード」を入れて、「商品」を検索します。

*1 購入者の75%が商品の検索をオンライン通販サイトで行い、その内の58%は、Amazonで検索を開始しています。
Market Track社調べ

 

その検索結果ページに並ぶたくさんの「商品」の中から、あなたの「商品」が、お客様に選ばれる必要があります。

いかに「商品画像」から、「商品」の良さが、即座に伝わって、クリックしてもらわないことには話になりません。

 

ここでは、商品を探す際、もっとも「検索」利用が多いAmazon*1では、
どのような商品画像が、「お客様に伝って」、「クリックされて」そして、商品が「売れていくのか」実際の商品画像の実例を元に、具体的に解説していきます。

 

続きを読む

【リサーチ】秒速で売れるアパレル商品が見つかる!中国語 検索キーワード 30選+α!

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

中国最大規模のオンライン卸売市場アリババ(1688.com)では、数多くの商品(掲載商品点数8億点以上)を掲載しているため、皆さんが探したい商品を探しだすのに苦労していませんか?

皆さんが仕入れたい商品を探すには、当然、日本語キーワードで検索にヒットしません。

 

必ず、「中国語での検索キーワードが重要になります。」

今回は、効率的に商品を探していくために、アパレル商品に絞った中国語キーワードをご案内します。

 

 

続きを読む

【マーケティング】売れる商品に早変わり!一瞬でハートを鷲掴み 感情を揺さぶる数字を使った表現トリック

おはようございます。
ネット物販コンシェルジュの松永です。

商品を販売するにあたり、コピーに数字を差し込むことで、ブランドコンセプトが活き、商品を購入してもらいやすくなります。

 

ぽっちゃり美女と綾小路きみまろさんのナレーションのCFで話題のファンケルの「カロリミット」というサプリメントの商品を、例にあげます。
※同商品は2014年6月の発売以来、520万個(注:2014年6月~2017年3月末の販売実績概算)を販売するヒット商品です。

 

続きを読む

【販売】Amazon 理不尽な低評価を一瞬で削除する裏テクニック

Feedback

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

Amazonで商品を販売していると、

”「とても、よかったです。」評価2”

 

「評価コメント」は、問題ないが、
「評価数値」が、低い。
といったような、理不尽な低評価を付けられて、悩んでいませんか?

 

基本的には、Amazonで評価の削除する方法は、以下のとおりです。

・Amazonに削除依頼
・購入者へ削除依頼

 

「Amazon」「購入者」に、

Amazonでの評価システムの説明や、

自身に非がなければ、正当性を主張し、
客観的事実などを丁寧にご説明して、
削除してもらおうとしていませんか?

しかし、ほとんどのケースで、

 

評価削除依頼のために多くの時間を割いたのにも関わらず、

「Amazon」「購入者」が、

評価を削除してくれることはありません。

 

今回は、上記の方法で、

低評価を削除できずに、諦めてた方へ、

カンタンに、理不尽な低評価を一瞬で削除できる方策をご紹介します。

 

 

続きを読む