fbpx

bung

【導入】ヤフーショッピングの出店審査に通らない? 具体的な出店手順と審査対策を徹底解説!【2022年最新版】

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

Yahoo!ショッピングといえば、多くの人がその名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

「知らない人はいない」と言っていいほど国内で有名なECモールですね。

Yahoo!ショッピングはAmazonと楽天市場を合わせて、国内3大モールとも呼ばれています。

それぞれの2021年時点の店舗数は、empowershopの記事によると、

  • Yahoo!ショッピング:117万店舗(2021年8月時点)
  • Amazon:40万3,448店舗(2021年7月時点・推測)
  • 楽天市場:5万店舗 (2021年2月時点)

となっており、Yahoo!ショッピングは国内3大モールの中でも最も店舗数が多いことが分かっています。

 

また、この調査で明らかになった国内のモール店舗数は全部で167万5,949店となっており、そのうちの69.8%をYahoo!ショッピングが占めています。

このように、店舗数も認知度も非常に高いYahoo!ショッピングですが、誰でも簡単に出店できるわけではありません。

出店する前に「出店審査」を通過する必要があります。

しかし、この審査は中々厳しいようで、人によっては何度も落ちてしまうことがあります。

(ちなみに審査基準は非公開となっています。)

 

 

 

そこで今回は、Yahoo!ショッピングに出店を検討されている人、あるいは、Yahoo!ショッピングへ出店申請を実施して、何度も落ちている人に向けて、Yahoo!ショッピングの出店審査基準や出店メリット・デメリットなど、現役Yahoo!ショッピング店長が徹底解説します。

続きを読む

【販売】BASE(ベイス)グロースプランの手数料は高くない!?スタンダードプランとの違いを分析してみた【徹底解説】

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

BASE(ベイス)は初期費用、運営費用などが無料のネットショップ構築サービスです。

全ての利用料が無料とのこともあり、2022年1月28日時点で170万ショップを突破するほどの人気サービスとなっています。

参考:BASEプレスリリース「BASE(ベイス)」のネットショップ開設数が170万ショップを突破

テレビCMで「ネットでお店を開くならBASE(ベイス)というフレーズを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

BASE(ベイス)は月額が無料で初期費用が抑えられるため、ネットショップを始めやすいのですが、その一方、販売数が増えると手数料が増えてしまうというデメリットもあります。

そんな中、登場したのが月額売上が大きいユーザ向けの「グロースプラン」です。

今回は、グロースプランが「どの程度オトクなのか」ということをBASE(ベイス)のスタンダードプランやShopify(ショッピファイ)とも比較しながら、確認していこうと思います。

いますぐ登録したい方はこちら

続きを読む

【販売】Shopify×サブスク(定期購入)ビジネスはアリ!?具体的な始め方、導入アプリを一挙解説!【導入事例6つ】

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

さて、個人でのネットショップの開設が進むなど広がりを見せているネットショップ市場ですが、サブスクリプション(サブスク)ビジネスも行うことができるのはご存じでしょうか。

サブスクビジネスが軌道に乗れば、毎月安定した収入につなげることが可能です。

今回は、そんなサブスクビジネスをShopify(ショッピファイ)ではじめる方法や導入事例について紹介します。

Shopify(ショッピファイ)でサブスクビジネスをこれから始めたいと考えている方にはとても参考になると思います。

 

続きを読む

【販売】Shopifyは初心者でも使いやすい?MakeShopとの違いを比較してみた【徹底比較】

おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

さて、広がりを続けているネットショップ市場ですが、現在では個人でネットショップを開設している人も増えてきています。

みなさんの周りにも副業や趣味など様々な理由でネットショップを運営している人がいるのではないでしょうか。
しかし、ネットショップ構築サービスにも非常にたくさんの種類があります。

みなさんが、もし「ネットショップを作りたい!」と思っても、どのサービスを利用したら良いのか迷ってしまうのではないでしょうか?

Twitterでもこんな声が上がっています。

このように、どのサービスを利用したら良いか迷っていたり、「Shopify(ショッピファイ)が良い!」という声があったかと思えば、「MakeShop(メイクショップ)が良い!」という人もいます。

そこで、これからネットショップを始めたいと考えている人に向けて『国内流通額No.1のMakeShop(メイクショップ)』と『世界175カ国で利用されているShopify(ショッピファイ)』について、徹底比較していきます。

それぞれのサービスについて詳しく比較していきますので、これからネットショップを開設したい人はぜひ、参考にしてみてください。

続きを読む

【導入】ネットショップ構築サービス『Shopify』が今アツイ!その理由と魅力・評判・料金プランを一挙解説!


おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

さて、最近では日本政府は働き方改革を進めてきたこともあり、2017年から2018年にかけて副業解禁が進みました。

その流れから、個人でネットショップを運営する人も増えてきており、EC市場は成長を続けています。

実際に経済産業省のデータを見てみると、B to C市場、C to C市場共に規模は右肩上がりで拡大していることが分かります。

参考:『電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました』

これからも益々、ネットショップの需要は高まっていくでしょう。

そんな中で最近注目されているのが、ネットショップを手軽に作成できるサービスのShopify(ショッピファイ)です。

実は最近、ルイ・ヴィトンやナイキ・ディズニー・ワークマンなどの企業は、Amazonへ出店しないと宣言しており、代わりにShopify(ショッピファイ)を利用しながらネットショップ構築に力を入れているのです。

この流れが進めば、Amazonや楽天市場などがいずれなくなる日が来るかもしれません。

そんな時代を先取りするためにも、これから「個人でネットショップを運営したい!」と考えている方は、Shopify(ショッピファイ)の利用をオススメします。

そこで今回は「Shopify(ショッピファイ)をあまり知らない」という人に向けて、利用料金と各プランの詳細について説明していきます。

 

続きを読む