おはようございます。
トリップ大学のユウ(@tripppp_univ)です。私は現役クリエイター兼ネットショップ店長で、デザイナー・クリエイターを対象に、ブログで物販ビジネスについて解説しています。

Amazon輸入リサーチツールって、無料で使えるものから有料のものまで山ほどあると思います。

DELTA tracer(デルタトレーサー)オークファンプロPlus(有料)なんかはとても有名ですね。

今回は、そんな中でも、
「アパレルD2C会社」と「ネット物販専門のシステム開発」の2社を経営している輸出事業の第一人者でもあるEIKINGさんがプロデュースするPRIMA(プライマ)」という国産リサーチツールをご紹介しようと思います。

後半部分で、韓国輸入アパレル商品の「PRIMA(プライマ)」を使った具体的なリサーチ方法を解説しています。

すでに「PRIMA(プライマ)」の概要・特徴を理解している方は、読み飛ばして「韓国輸入商品のリサーチスピードを爆速にする方法:PRIMA(プライマ)の具体的な活用事例」から読み進めてください。

私もひととおり使ってみましたが、
今までの手作業よりも遥かに効率よくリサーチできると体感しました。

あえて小学生並みの感想をいうと「スピードが最速レベルです」

何のスピードが最速かというと、
PRIMA(プライマ)の機能の一つであるASINコード*1に紐づく情報を抽出する取得スピードが最速レベルです。
(詳しい機能解説は後述します)

*1 ASINコード
「Amazon Standard Identification Number」の略で、Amazon内で販売されている商品を識別するためのコードです。「B0」から始まる10桁の英数字で構成されています。

ネット物販初心者時代にPRIMA(プライマ)に出会えていたらと思うと。。
後悔しかないです。

リサーチの時短・効率化を目的にするなら、控えめに言ってコスパ最強です。
その理由を解説していきます。

30日間の無料体験期間がついているので、おためしで使ってみるのもいいと思います^^

 

いますぐ無料で試してみたい方はこちら

続きを読む