fbpx

【販売】ネット販売で売れるためのマジックキーワード3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おはようございます。
ネット物販コンシェルジュの松永です。

ネットで商品を販売する場合、
商品タイトル、商品説明、商品画像、販売価格を設定し、
販売開始したところで、それだけで商品は売れることはまずありえません。

 

コトバの力で、商品を売れるようにするためには、
カンタンで効果があるのは、バリュー感をだすということです。

つまり、バリューとは、物販の世界では、価格、評価額のことを指します。

 

「全然、買う気はなかったのに。。」

 

思わず「ポチッ」と、決済ボタンをクリックしてしまう
カンタンな魔法のマジックキーワードをご紹介します。

 

刺激を与える

 

・激安
・超特価

・全品半額
・送料無料
・お試し価格

王道であり、鉄板なキーワード。

このような、思わず目を引く
刺激のあるキーワードを盛り込むことは、
安易ではありますが、カンタンで、とても効果があります。

 

危機感を煽る

 

 

・先着3名様限り
・お1人様1つまで
・限定10セット
・◯◯から◯◯までの3日間限定

 

 

数量限定、期間限定などの
危機感を煽るコトバもやはり非常に効果があります。

 

オマケを提供する

 

「1個買うと、もう1個プレゼント」といった
オマケをつける手法も、割引するよりも
商品によっては、より高い効果が見込めます。

 

まとめ

 

商品を売るためのカンタンなマジックキーワードをご紹介しました。
いかがでしたか?

短期的に売上をあげるための、
カンタンで、すぐにできる即効性のある方法です。

見込み客の背中を「ポン」と押してあげましょう。

とはいっても、
長期的に売上をあげるためには、
このような小手先の方法では難しいです。

長期的に、売上を上げていくためには、
商品の持つ価値を高め、さらに、その価値をお客様に伝えていくことにあります。

それが「購入」につながる動機です。

コトバのチカラを、ぜひ、売上に変えていきましょう。

 

売れる商品説明の書き方については、以下の記事で詳しく解説しています。

【マーケティング】訴求すべきは、商品の機能ではない!売れる商品説明の書き方を徹底解説!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク



BASE (ベイス)


LULUCREER(ルルクリ)

クリエイター・デザイナーのためのグッズ制作サービス


激安の殿堂「ドンキホーテ」も利用してる仕入れルート

tousann.gif


     

コメントを残す

*